仮面ライダー 第5話

第5話「怪人かまきり男」
この回から「仮面ライダー本郷猛は改造人間である」と言う有名なオープニングナレーションが入ります。
中央地震研究所に勤務する地震学者の雨宮ちか子(水上竜子)が何者かにさらわれます。ちか子役の水上さんはゴドラ姐ちゃん@ウルトラセブン!ゴドラの頃とは随分印象が変わりましたね。殺された守衛の死体が消えるシーンは人の形に置いた紐が解けて行くと言う、見かけは単純ながら、なかなか凝った演出です。
ちか子は本郷猛(藤岡弘)の幼なじみ。中央地震研究所に赴いた本郷は、巨大な昆虫の足の細胞と地震の震源地を記した地図を手に入れます。しかも研究所には放射能反応が残されていました。
rider0501.jpg
ショッカーの仕業と察知した本郷は、地下で核爆発を起こして人工的に大地震を起こそうとしているに違いないと結論付けます。そこへ行方不明のちか子から電話が入ります。本郷はちか子に呼び出された場所に向かいますが、それはかまきり男が仕掛けた罠でした。
rider0502.jpg
落とし穴に落とされた本郷。上からかまきり男が時限爆弾をつり下げます。しかし爆風で本郷はライダーに変身。ちか子を奪還します。
rider0503.jpg
首領はおかんむり。土下座してぺこぺこするかまきり男にちか子を取り戻せと厳命します。
rider0504.jpg
本郷の部屋のベッドに寝かされたちか子は、うわ言でショッカーの作戦の一部を喋ります。やけに明確で具体的なうわ言です。気が付いたちか子からなおも聞き出そうとする本郷ですが、ちか子はシラを切ります。そこへかまきり男が乗り込んできて、ちか子を返せ返せとぎゃーぎゃーわめきます。本郷は催眠術で操られているちか子に不意打ちをくらって気絶しますが、その前に発信器をちか子に取り付けます。
rider0505.jpg
どこかのお寺の地下に作られているショッカーのアジトへ連れ戻されたちか子によって、人工地震作戦の準備は完成します。発信器の電波を頼りにアジトへ急ぐ本郷をかまきり男が迎撃。本郷はライダーに変身。かまきり男はお寺に逃げ込みます。わざわざライダーをアジトまで誘導してくれるとは親切な怪人です。ライダーはかまきり男を倒し、間一髪のところで人工地震を阻止します。
ライダーは救出したちか子の肩を組んでお寺を出てきましたが、よほど重たいのか引きずっています。

今回のショッカーは人工地震で日本を壊滅する作戦を計画。ここまでのショッカーは誘拐と人体実験ぐらいしかやらなかったのですが、漸く世界征服を企む組織らしいスケールの計画を手がけました。尤も実際には相変わらず誘拐しかやってませんが。
恩師に親友に幼なじみと、事件関係者には本郷の身内が多いのが特徴です。今回も単純にショッカーとの戦いを描くだけなら別に被害者を幼なじみにする必要はないんですけど、旧1号編を通して貫かれている主題、"改造人間になってしまった悲しみを秘めて戦う孤独なヒーロー像"を際立たせる上では効果的です。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 仮面ライダー

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR