雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

ある殺し屋の鍵

arukoroshiyanokagiop.jpg
市川雷蔵がクールな現代の殺し屋を演じた「ある殺し屋」シリーズの第2作目(1967年・大映・森一生監督)

物語。日本舞踊の師匠・新田(市川雷蔵)は凄腕の殺し屋と言う裏の顔を持っている。石野組の組長(中谷一郎)と荒木(金内吉男)から、政財界の秘密を知る朝倉(内田朝雄)の殺しを依頼された新田は、ホテルのプールで朝倉を仕留める。だが、新田もまた口封じのため消されそうになり、芸者の秀子(佐藤友美)を通じて荒木と石野を誘い出し復讐する。更に石野に殺しを依頼したのが建設会社社長の遠藤(西村晃)であると知るが、その背後にはもう1人の黒幕・北城(山形勲)がいた…

私事ですけどこの映画は子供の頃テレビで観た記憶があって、タイトルも内容も忘れていましたが、改めてこれだったのかと言う感じです。
それはともかく、雷蔵さん扮する殺し屋が前作は小料理屋の主人、今作は日本舞踊の師匠と設定が異なりますが、針1本で相手を仕留めると言うのは同じ。前作に比べストーリーが起伏に富みアクションの要素も増えていて、雷蔵さんがブレーキの効かない車から飛び降りる場面では「江戸川乱歩の美女シリーズ」かと思ってしまいました(そう言えば音楽も同じ鏑木創だった)。その分ストーリー構成がちょっと雑な感じもしますが、これはこれで私は好きです。ヨット上の雷蔵さん、プールで泳ぐ雷蔵さんが観られるのも貴重。前作ではモノクロを意識した画面でしたが、本作は全体的にブルーを基調にした色使いがスタイリッシュな印象を与えます。
西村晃と中谷一郎は、よく考えたら二代目黄門様と弥七だし、山形勲も柳沢吉保だ。佐藤友美って80年代の「金妻」とかトレンディドラマに出ていましたが、この当時から全然変わっていなかったのですね。
ちなみに劇中に登場する「朝倉メモ」と言うのは、当時、闇の金融王と言われた森脇将光が独自ルートで政財界の情報を収集したことで有名な「森脇メモ」をモデルにしているものと思われます。
arukoroshiyanokagi0101.jpg
arukoroshiyanokagi0102.jpg
arukoroshiyanokagi0103.jpg


関連タグ: 市川雷蔵 大映

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。