雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

武蔵野夫人

大岡昇平のベストセラー小説の映画化(1951年・東宝・溝口健二監督)

物語。東京・武蔵野に住む旧家の一人娘・秋山道子(田中絹代)は戦中から戦後にかけて両親と財産を相次いで失う。大学教授の夫・忠雄(森雅之)は道子に冷たく、道子の従兄(山村聰)の妻(轟夕起子)と不倫関係を結ぼうとしていた。やがて従弟の勉(片山明彦)が戦争から復員してくる。道子と勉はお互いに惹かれ合うが…

戦後解放された新しいモラルと古い道徳観の葛藤を背景に、男女4人の愛憎を描いた作品。
この手のテーマは当時でこそ新鮮だったのでしょうが、今見ると古臭いし、かったるくて見るに耐えない部分もありますね。
強いて言えば、この映画は古き良き武蔵野の美しい風景が失われていく様子を、主人公(道子)の姿に仮託して描いたんでしょう。道子の煮え切らない現状維持的な生き方には共感も理解もできないんですが、彼女自身が押し寄せる開発の波に抗うこともできない武蔵野の自然を体現しているのだと考えれば、多少わからぬでもありません。
田中絹代は非常に古風で道徳的な美しさの反面、あまりにもお人形さんのようで情念が感じられず、同じような役だった「雪夫人絵図」の木暮実千代の方が魅力的でした。一方、だらしのないインテリを演じたら森雅之は右に出るものがいないし、山村聰もうまいです。
スポンサーサイト


関連タグ:

FC2Ad