華麗なる一族

kareinaruichizokuop.jpg
華麗なる社会派エンターテイメント(1974年・芸苑社・山本薩夫監督)

物語。関西財界の雄・万俵財閥の一族を構成するのは、当主の大介(佐分利信)、妻の寧子(月丘夢路)、長男の鉄平(仲代達矢)、鉄平の妻・早苗(山本陽子)、次男の銀平(目黒祐樹)、次女の二子(酒井和歌子)、そして長女の一子(香川京子)とその夫で大蔵省主計局次長の美馬中(田宮二郎)たちである。更に、万俵家の執事兼家庭教師、実は大介の愛人である高須相子(京マチ子)もいた。
阪神銀行オーナー頭取である大介は、近い将来の金融界再編に先駆けて自行に有利な合併を実現すべく、娘婿の美馬らを使って画策していた。一方、阪神特殊鋼専務の鉄平は長年の夢であった高炉建設のため、大介に融資を依頼するとともに旧知の大同銀行頭取・三雲(二谷英明)にも協力を要請していた。大介は、阪神特殊鋼を意図的に倒産に追い込み大同銀行を吸収合併する計画を企てる。その背景には、鉄平の出生に関する重大な疑惑が隠されていた…

山崎豊子の原作を豪華なキャストとスケールの大きい演出で描いた社会派エンターテイメントの傑作。
私は政治物好きなので山本薩夫も大好きな監督なのですが(と言うほど見ていなかったりもしますが^^;)、おそらくヤマサツほど巨悪を魅力的に(本人の意に反して?)描いてしまった映像作家はいないでしょう。
政治家、財界人、高級官僚等、ヤマサツが描く権力者たちはリアルで憎たらしく、ことによれば本物より本物らしく、ヘンな話、政治家や役人たちがこれぐらい老獪冷酷かつ悪辣なのだったら案外日本は安泰なんじゃないかと思うぐらい。
この映画では一応、仲代の純粋で一途な青年実業家や二谷英明の清廉潔白な銀行頭取は「善玉」で、彼等を陥れる佐分利、田宮、更に小沢栄太郎の大蔵大臣、大滝秀治や金田龍之介の代議士たちは「悪玉」なんですが、後者の悪の魅力の方が勝ってしまい、ひ弱で無能なお人好しの仲代たちに同情する気があんまり起きなかったりします。
物語は万俵大介の金融界再編を巡る野望と、万俵家内部のドロドロした愛憎劇が交錯する形で進み、京マチ子の一人勝ちで終わるかに見えた家庭内の愛憎劇が最後で逆転し、一方万俵の目論見どおり進んだかに見える金融界再編自体も実は…という構造がパラレルになっている点が、厚みを与えていると思います。
ヤマサツの政財界物はこの後「金環蝕」(1975年)「不毛地帯」(1976年)へと引き継がれて行きますが、ドラマ性と言う部分で一番楽しめるのはやはりこの作品でしょう。

長い原作小説を映像化する場合、どこを縮めるかに脚本のセンスが現れますが、原作者がこだわっていたと言う大蔵委員会のだらだらした場面をカットして、代わりに野党と首相が裏取引する挿話を入れたのは正解。この野党はおそらく当時の社会党がモデルでしょうが、共産党員であるヤマサツにとっては社会党も「敵」なわけで、政府と野党が裏で繋がっているなれあい政治の実態をここまでストレートに描写したのは珍しいかも。
一方で、いくら大富豪でも普段の夕食の時からロングドレス着てスペイン料理(「オードブルはガンバス・エスパニョール!」)とか食べていたりしないだろうと思うのですが、作り手の方でもあえて「いかにも庶民の想像しそうなブルジョワの贅沢な生活」を描写しているのでしょうね。

佐分利信はド迫力。あの凄まじい形相は夢に見そうです。仲代は例によって目ん玉ひん剥いて血管切れそうな大芝居ですが、その力演があるからこそその後の哀れなピエロ振りが効果的になります。そして田宮二郎は本来鉄平役を熱望したと言いますが(「自分ならもっとうまく死ねるのに」とも)、キザで嫌みったらしく冷酷な官僚を演じきった存在感は大きいです。大映時代の大先輩・京マチ子とタイマン芝居を演じるシーンなどもファンとしては感慨深いです。
大同銀行の叩き上げ友情コンビ(西村晃、小林昭二)、お上品ぶった首相夫人(北林谷栄)、小心な小役人(五藤雅博)、強欲な土地成金農家(花沢徳衛)ら脇役・端役も素晴らしく、細部に至るまでヤマサツの人間描写が行き届いています。
ちなみに、映画版と同時期にテレビドラマ化もされていて、見たことはありませんが、万俵大介=山村聡、鉄平=加山雄三、銀平=林隆三、二子=島田陽子、美馬中=佐藤慶、寧子=久我美子、高須相子=小川真由美、三雲頭取=池部良、永田蔵相=山形勲等の配役だった模様。こちらの方も豪華だし、本物の華族出身の久我美子が寧子役とか、実生活でも会社を倒産させた加山雄三が鉄平役というのは面白いと言うか皮肉な配役ですね。
kareinaruichizoku0101.jpg
kareinaruichizoku0102.jpg
kareinaruichizoku0103.jpg
kareinaruichizoku0104.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 田宮二郎 山本薩夫 仲代達矢
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR