座頭市の歌が聞える

zatoichi13op.jpg
座頭市は歌っていません(1966年・大映・田中徳三監督)

物語。イカサマ博打をやって追われている男(木村玄)がやくざに雇われた浪人(天知茂)に斬られる。そこへ通りかかった座頭市(勝新太郎)は、男から死に際に財布を息子の太一に渡してくれと頼まれる。やがて一の宮の茶店で市は偶然男の母親おかん婆さん(吉川満子)と孫の太一(町田政則)と出会う。一の宮はやくざのいない平和な町だったが最近は権造(佐藤慶)一家によって蹂躙されていた。太一とともに夏祭りに出かけた市は、因縁をつけて絡んできた権造の子分たちを蹴散らす。だが琵琶法師(浜村純)から「子供がお前に憧れて道を外したらどうするんだ」と説教され…

シリーズ第13作。
タイトルからすると勝新が主題歌でも歌っていそうですが、そういうわけではありません。座頭市シリーズではタイトルと内容が一致しないことが多く、例えば「座頭市牢破り」は牢破りなんかしないし、「座頭市果たし状」にも果たし状は出てきません(そうかと思うと「座頭市関所破り」ではちゃんと関所破りしてるんですが^^;)。
さてこの作品で座頭市と対決する刺客は第1作以来の出演となる天知茂先生です。でも本筋とはあんまり関係がなく、天知先生は相変わらずカッコイイのですが、別に誰がやってもいいんじゃない?という扱いなのが残念。
また、眼の見えない座頭市の唯一の頼りは異常に発達した聴覚。そこで悪知恵に長けた権造が、座頭市の側で太鼓をドンドン叩いて、その耳を封じる大作戦を敢行します。座頭市ぴーーーんち!…と思いきや、これが全くの役立たずで効果なし。
むしろこの作品で面白いのは、座頭市の内面をズバズバ指摘する琵琶法師が出て来ること。この法師から「子供は強いものに憧れる。もし太一がお前に憧れてやくざ者にでもなったらどうするんだ」と言われて悩んだ市は、剣を抜けなくなってしまいます。で、次にまたやくざが絡んできた時には、わざと子供の前で殴られ蹴られているところを見せます。尤も、結局最後にはバッタバッタと斬り捨てるんですけどね(笑)子供の教育問題はどう解決したのかよくわからないままです。脳内で補完すれば、単なる強さではなく、弱い者を守ることこそが真の強さだ、ということを身をもって教えた、ということになるのでしょうけど、そこらへんがちょっと説明不足でわかりにくいです。
監督はシリーズ三度目の登板となる田中徳三で、普段は特に印象的な絵を撮るような人には感じませんが、本作では青い月夜をバックにしたシルエットでの殺陣シーンが非常に美しかったです。
zatoichi1301.jpg
zatoichi1302.jpg
zatoichi1303.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎 天知茂 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR