ごろつき犬

田宮二郎の「犬」シリーズ第3作目(1965年・大映・村野鉄太郎監督)

物語。鴨井大介(田宮二郎)は温泉で一夜を過ごした女・三沢葉子(水谷良重)から、一六会幹部の稲取(根上淳)、川勝(成田三樹夫)、辺見(山下洵一郎)に夫を殺されたので復讐して欲しいと頼まれる。大阪に戻った鴨井は、ショボクレ刑事(天知茂)と再会。同僚刑事を射殺したのが稲取らしいので探って欲しいと頼まれ一六会に潜り込むが、捕まって拳銃を奪われてしまう。しかもその拳銃を使った殺人事件が起こり…

田宮二郎が拳銃と女を愛するお調子者の一匹狼ならぬ一匹”犬”鴨井大介を演じるコミカルなアクション物。
冒頭、颯爽とバイクで爆走していたのもつかの間、事故って立ち往生。そこへ通りかかった高級外車の女・水谷良重に助けられて「またモテてしまった。ま、ええ男やさかいしょうがないけど!」と独白する鴨井大介こと田宮二郎。本来、キザな二枚目の田宮二郎が言ったら完全に嫌味な台詞なんですが、トッポイ(死語)二枚目半が板についている鴨井が軽妙な関西弁で言う分には全く無問題。二枚目が演じる二枚目半または三枚目役には味があります(逆はつまんないけど)
二枚目と言えば、田宮、天知、根上、山下、成田と、大映の誇る新旧二枚目役者が勢揃いしたようなキャスティング(おまけにワンシーンのみで宮口精二なんかまで出ている)は、いちプログラムピクチャーにしてはなかなかの豪華版。特に、かつては根上主演映画で駆け出しの田宮は端役だったことを思うと、その田宮主演作で今度は根上が引き立て役に回っていることに大映スター変遷史を見るかのようで興味深いです(ちなみに6年後の大映倒産時には二人ともいなかったんですけどね)クールな江波杏子とセクシーな水谷良重、常連の坂本スミ子など女優陣もいい感じです。
お話の方は、大手会社を脅迫して大金をせしめ、更にその分け前を巡って内紛する暴力団の事件に鴨井と天知茂先生扮するショボクレ刑事が絡んでいくというもの。いつも電話のみで指令してくる組長の正体が最後までわからない(でも観れてば途中で誰だかわかりますが^^;)というのがミソになっています。
ショボクレこと木村刑事は1作目以来(2作目は出ていない)の登場。尤も、1作目ではまだショボクレと言う呼び名はなかったはずなので、本作でいきなりショボクレにされてしまった天知先生の心境やいかに。鴨井を捜査に協力させるため「俺は胸を病んでるのでもう長くはない…」などと白々しいウソをつくショボクレの台詞には、「あれだけタバコをプカプカ吸っててよく言うよ!」とツッコミ入れたくなります。
それにしても冒頭での水谷良重の髪型には時代を感じますね~。そう言えば昔、山東昭子(タレント議員)なんかもこんな頭してたな(笑)
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 田宮二郎 天知茂 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR