新・座頭市 破れ!唐人剣

zatoichi22op.jpg
勝新太郎の座頭市シリーズ第22作目(1971年・勝プロ・安田公義監督)

物語。座頭市(勝新太郎)は片腕の唐人剣士・王剛(王羽、ジミー・ウォング)と中国人の子供に出会う。子供は南部藩の行列を遮ったため両親を殺され、それを助けた王剛ともども藩士とやくざの藤兵衛(安部徹)一家に追われていたのだ。3人は百姓の与作(花沢徳衛)の家に泊めてもらうが、市が酒を買いに行っている間に藤兵衛一家に襲われ与作夫婦が殺される。王剛は市が密告したと思い込み、怒りに燃える…

香港映画に詳しくないので知りませんでしたが、今回のゲスト、ジミー・ウォングという人は香港映画のアクションスターとしてかなり有名な人で、特に「片腕の武芸者」が当たり役なんだそうですね。従って本作はそのキャラクターをそっくりそのまま持って来て座頭市とコラボしたということになります。
機を見るに敏な勝新が香港映画ブームに乗ってこの映画を企画した…のかと思ったら、日本で香港空手映画ブームが起きたのは73年からなので、この作品の方が早いのですね。
物語は、このジミー扮する唐人剣士と座頭市が、言葉が通じない故の誤解から敵として対決せざるを得なくなる…と言うもの。「言葉が通じない」ことは目の見えない(耳だけが頼りの)座頭市にとって、想像以上にキツイ状況なんですよね。過去に座頭市の敵たちは、市の耳を封じる様々な手段を講じてきたのですが、今回は逆に、言葉が通じないためにその耳が役に立たず、心ならずも相手と敵対してしまう悲劇に見舞われてしまいます。なのでこのプロット自体は面白いのですが…しかし作品そのものは凡庸な印象です。
シリーズ後半作の全てに言えることですが、座頭市の性格に陰影がなくて最初からエラソーに「正義の味方」面しているのが、物語を薄っぺらくしてしまいますね。特に、いかに悪人とは言え相手の耳を削ぐと言うような残虐趣味は過去に見られなかったものなので、引いてしまいます。
この映画の見せ所は座頭市の殺陣と並んで、ジミー先生の華麗なアクション。しかし、片腕と言う設定に加えてジミーの武器が短剣なので、日本の長い刀とのチャンバラはイマイチ見映えがしません。
花沢徳衛の娘で、ジミー同様に市を仇だと誤解する百姓娘役が寺田路恵。この人は確か文学座の女優さんだったと思いますが、百姓の娘にしては知的で理路整然とした口調が不自然でミスキャスト。もう1人のヒロイン、座頭市を助ける娼婦を演じたのは浜木綿子。後年テレビで「女監察医・室生亜希子」を演じた頃とちっとも変わらないですね。
それとこの映画にはコメディリリーフとして、てんぷくトリオ(三波伸介、伊東四郎、戸塚睦夫)が出演しています。私なんかの世代でも戸塚睦夫(73年没)は記憶がないので、3人揃った姿を見られるのは貴重です。
ちなみに香港版では本作とは逆に「座頭市が負ける」結末になっているという話が流布しています。でも実際にそれを「観た」と言う人の話を全く聞いたことがないんですよねえ。。
zatoichi2201.jpg
zatoichi2202.jpg
zatoichi2203.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR