拝啓天皇陛下様

tennoheikaop.jpg
「寅さん」以前の渥美清が演じた、人情喜劇の傑作(1963年・松竹・野村芳太郎監督)

物語。昭和6年、徴兵検査を受け岡山の連隊に入隊した棟本博(長門裕之)は、自分の名前も満足に書けぬおかしな男、ヤマショウこと山田正助(渥美清)と知り合う。初年兵のヤマショウは同僚の鶴西(桂小金治)とともに二年兵の原(西村晃)からいじめに合うが、幼い頃から孤児として苦労して育ったヤマショウは、三度の飯が食えて俸給まで貰える軍隊を天国のように思っていた。そんなヤマショウを哀れんだ中隊長(加藤嘉)は、代用教員をしていた柿内(藤山寛美)に命じて読み書き教える。
やがて秋の大演習が行われ、間近で天皇陛下の姿に接したヤマショウは、その温和な表情に魅了される…

「天皇」と言うと、今でも私などは現在の天皇より昭和天皇の姿を反射的に思い浮かべてしまったりします。
尤も私がリアルタイムで知っているのは、背中を曲げて柔和な表情で「あっそう」を連発していた晩年の昭和天皇に過ぎません。ちなみに作家・三島由紀夫はこのような戦後の親しみやすい天皇のあり方を「お茶の間天皇」と呼んで侮蔑していました。三島にとって天皇とは戦前の「現人神」であり、背筋をピンと伸ばし白馬に跨っていた「大元帥」としての姿にほかならなかったからです。
この映画でも冒頭の方で、「畏れ多くも…」と天皇に関する話題が出ると兵隊たちが直立不動になるシーンがあります。従って主人公、ヤマショウも、天皇はそれほど威厳のある怖ろしい存在と思い込んでいました。ところが初めて天皇の姿に直に接したヤマショウは思います。
(ひゃー、あれが天皇陛下様かー。何と優しい顔をしとんなさるんかいのー。あれじゃちっとも怖いことありゃせんわい…)
以来ヤマショウは天皇に対して、ある種の「親しみ」を抱き始めます。
この映画のコンセプトはここに込められていると思います。

「大元帥」としてでも「現人神」としてでもない、実は大部分の庶民にとって親近感の持てる存在だったであろう戦前の天皇。この映画はそんな天皇の「赤子」(=赤ん坊、子供)として生き、そして死んだ男の半生を通じて描く昭和の庶民史です。

無学で粗野だが、憎めない愛嬌のある男・ヤマショウは、どこか寅さんに似ています。と言うより、渥美清が演じるキャラクターはいつも同じなんだと言うべきでしょう。ただ故郷・柴又に帰れば暖かく迎えてくれる家族のいた寅さんと違い、天涯孤独のヤマショウには帰るべき故郷もなければ、迎えてくれる家族もいません。ここに、寅さんにはないヤマショウの寂しさがあります。社会に居場所のないヤマショウにとって唯一の安らぎの場は、そこに行けばいつも腹いっぱい食え、仲間がいる軍隊しかありませんでした。いわばヤマショウにとって軍隊とは擬似家族のようなもの。そしてその「家長」こそが天皇でした。
これはもう、天皇制がいいとか悪いとか、そういう問題ではなく、おそらくヤマショウのような庶民がおそらく当時は少なからずいたことなのでしょう。渥美清はそんな時代を不器用に、そして精一杯生き抜いた一人の庶民・ヤマショウを好演しています。「面白うて、やがて哀しき…」の役をやらせたら、やはり渥美清の右に出るものはいませんね。「寅さん」ではもう泣けも笑えもできなくなってしまっている私ですが、この映画の渥美清には素直に笑い、そして泣かせて貰いました。
ヤマショウを常に暖かい眼差しで見つめ続ける親友の棟本・長門裕之のとぼけた演技がいいです。棟本の妻を演じた左幸子もびっくりするほどチャーミング。放浪の画家・山下清(本物)が見られるのも貴重です。
tennoheika01.jpg
tennoheika03.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 渥美清 松竹
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR