忍びの者 続・霧隠才蔵

市川雷蔵主演の「忍びの者」シリーズ第5作目(1964年・大映・池広一夫監督)

物語。大阪夏の陣で敗れた真田幸村(城健三朗、後の若山富三郎)は霧隠才蔵(市川雷蔵)に助けられ薩摩に落ち延びる。薩摩の島津親子(沢村宗之助、五味龍太郎)は幸村を軍師に迎え外様大名を結集し徳川打倒の機会を窺っていた。だがその情報は既に駿府の家康(小沢栄太郎)に洩れていた。藩の剣術師範が間者とわかり処刑され、その娘志乃(藤村志保)は才蔵を父の仇と恨む。
種子島で開発された新式鉄砲を手に入れるため、才蔵は島に潜入。そこで才蔵は遊女のあけみ(藤由紀子)と真鶴(明星雅子)の姉妹に出会う。2人は大阪で才蔵に殺された忍者武部与藤次の娘だった…

続と言うからには前作の続きなのですが、物語的には独立しているし、また史実を完全に離れたフィクションが大部分なのでこれ単独でも観られます。個人的には、藤村志保さんと藤由紀子さんのダブルヒロインかと思って期待していたのですが…
志保さんは序盤でたった2シーンほど出てきただけで、殆ど物語に絡むことなくすぐ消えてしまいました。え~これだけ?と唖然とする扱いの軽さ。そう言えば志保さんはこの直前の「眠狂四郎女妖剣」でも、更にその後の「若親分」でも(って、全部監督は池広一夫だ)便利使いされていましたが、この頃あんまり役に恵まれてなかったんですかね?
一方の藤由紀子さんも、才蔵を仇と狙いつつ好きになってしまい苦悩するくのいちの役と言うことで、こちらが本命ヒロインかと思いきや、あっさり死んでしまい、またしても途中で消えてしまいました。
おまけに肝心のメインストーリーの方でも、薩摩の計画は事前に頓挫し真田幸村の若山富三郎は全く活躍の場がないまま無言で自害。
志保さん、藤さん、そして若富と、サブキャラクターは殆ど添え物扱いです。かと言って主演の雷蔵さんが大活躍するというわけでもありません。
一人復讐の念に燃える雷蔵さんの才蔵は、最後に寝所の家康を毒殺し、狂喜乱舞するのですが、この姿に被せて、
「即日喪は発せられたが 政局は微動する気配さえなかった」
と、後年の「真田幸村の謀略」を思わせるようなテロップ。って、これじゃまるで雷蔵さんがピエロだよ。
あまりにもまとまりのないストーリーと虚しいだけの結末に唖然とする間もなく「完」。
むぅぅ、何なんだこの映画は…。シリーズ当初にあった思想性も、かと言って娯楽映画としてのカタルシスも全くない中途半端な内容になっています。しかしそれでもまだ人気があったのか、シリーズはこの後も8作まで続いています。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 藤村志保 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR