ふりむくな鶴吉

往年の東宝映画スター、俳優の中丸忠雄氏が亡くなりました。76歳。合掌。
新聞等には映画の「独立愚連隊」のほか、テレビの代表作として「キイハンター」とか「Gメン75」が挙がっていましたが、うちは親がNHK以外あんまり観ていなかったので、中丸さんと言えば金曜時代劇「ふりむくな鶴吉」(1974年)の同心役、NHK特集「明治の群像 海に火輪を」(76年)の星亨役、そして大河ドラマ「花神」(77年)の海江田信義役が印象に残っています。
中でも「ふりむくな鶴吉」は故・沖雅也の出世作としても記憶に残ります。残念ながらこれはソフト化されていない(何話分かはVTRが残っているらしいですが)のでリアルタイムで観ていた人以外は知らないでしょうね。。
出演者は主人公・岡っ引の鶴吉に沖雅也。中丸忠雄はその上役の同心・三宅伝蔵役。鶴吉の岡っ引仲間が西田敏行、鶴吉の幼馴染が竹下景子、その父で蘭方医の宇野重吉、など。
一話完結型で、父親の後を継いだ若い岡っ引・鶴吉の成長を1年かけて描いていくという物語でした。
細かい内容は忘れてしまいましたが、最後の方に来てレギュラーの中丸や宇野重吉が次々死んでしまった結末に茫然とした記憶があります。
考えてみれば沖雅也も中丸忠雄も、西田敏行も竹下景子も、みんなこのドラマで初めて(たぶん)知ったのでした。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR