あなたと私の合言葉 さようなら、今日は

有楽町で逢いましょう…ではありません(1959年・大映・市川崑監督)

物語。青田和子(若尾文子)には渡辺半次郎(菅原謙二)と言う婚約者がいるが、母親代わりに失業中の父(佐分利信)と妹の通子(野添ひとみ)の世話をしなければならない和子は、なかなか結婚する気になれない。和子は親友の梅子(京マチ子)に、半次郎に会って結婚を断ってくれと頼む。ところが半次郎に会った梅子は、彼に一目惚れしてしまう。それを聞いた梅子の義兄の虎雄(船越英二)はがっかりする。虎雄は自分が梅子と結婚するつもりだったのだ。一方、近所のクリーニング屋で働きながら夜間大学に通う片岡哲(川口浩)は和子に憧れていたが、その哲には妹の通子が惚れていて…

大映東京のオールスターが出演する都会派ホームドラマ。
男やもめの父親と、その父を気遣う余り婚期を逃してしまう娘…と言うシチュエーションだけ見ると、何だか小津安二郎の映画みたいです。特に終盤、佐分利信と若尾文子の父娘がちゃぶ台を挟んで対話するシーンでは、正面から捉えたショットを切り返すという、まるっきり小津そのままの演出が続きます。ほかにも、短い台詞をポンポンと交互に受け答えするあたりには小津調のパロディが見られます。

尤も、演じるのが笠智衆より無骨な佐分利信と原節子より逞しい若尾文子、そして演出するのが小津より都会的で現代的な市川崑ですから、映画自体の趣きはだいぶ異なりますけどね。何せ、嫁き遅れた若尾は最後に平凡な見合い結婚をする…などと言うことはせずに、アメリカに留学してしまうのですから。。。この辺のあっさりと割り切った女性の決断は現代でも通用します。「メガネっ子」の若尾文子と言うのも珍しいですね。

現代的と言えば、京マチ子、野添ひとみら自己主張のはっきりした女性陣に比べて、何だか煮えきらずに流されて行ってしまう主体性のない佐分利信、船越英二、菅原謙二、川口浩ら男性陣の情けなさは、まるで現代を予見しているかのようでもあります。まぁ、情けない色男が持ち味の船越英二は相変わらずですが、無骨な明治男の佐分利信や柔道家の菅原謙二までもが、市川演出に掛かっちゃ骨抜きと言う感じです。

川口浩は野添ひとみと結婚すると言う、実生活とも同じ展開。リアルタイムでは「探検隊長」としてサバイバルしている姿しか知りませんでしたが、若い頃のちょっとやんちゃで甘ったれて頼りない二枚目の川口浩には、母性本能をくすぐられる何かがあります(って、私は男ですけど^^;)
そして、無骨で朴訥とした中年男の佐分利信。やっぱりいいなぁ。。。この人は、ホント「へたうま」って言葉がぴったり。ぼそぼそと何を言っているのかよくわからない口調に味があります。
ちなみに、冒頭に登場するサラリーマン三人組の一人が、柴田吾郎こと無名時代の田宮二郎。後のアクの強い田宮さんとは似ても似つかないキャラを飄々と演じています。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川崑 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR