思い出のサスペンス美女・2

前回に続き80年代の2時間サスペンスドラマを彩った女優さんたちの回想です。

佳那晃子
旧名は大関優子さん。あの映画「犬神家の一族」(1976年)で恐ろしい犬神家の三姉妹に裸で水ぶっ掛けられて折檻されていたのは旧名時代の佳那さんです。
テレビでは、2時間サスペンス物にこの方が出てくれば、まず99%薄幸なヒロイン、そして犯人役と言う確率が高いです。
あと、男に暴行される役というのも結構多かったような。。。
覚えているところでは、「山口線貴婦人号SL殺人トリック」(1982年、土曜ワイド劇場)。
このドラマでの佳那さんは盲目の社長令嬢役で、暴行された現場写真を撮られてしまう…と言う、トンでもない話でしたが(尤も90年代にこのドラマがリメイクされたときには、肝心のこのシーンがオリジナルより暈されていたので「ふざけんなっ」と思いましたが^^;)あられもない姿を見せていました。江戸川乱歩の美女シリーズ「妖しい傷あとの美女」でも、中尾彬扮する変態男に犯されていました。

水沢アキ
NHKの「連想ゲーム」の回答者としても馴染み深かった女優さん。
2時間サスペンスドラマでは「変質者に襲われる人妻役」が定番だったように記憶しています。
出演作のタイトルだけ並べてみても、
「通り魔連続殺人 襲われた団地妻」(1981年、土曜ワイド劇場)
「団地妻のさけび 結婚五年目の破局! セールスマンに抱かれた私…」(1983年、同上)
「オフィス妻のさけび 超高層ビルから死の投身!?過去を買った女」(1985年、同上)
…などなど。いやはや、なんかもう、凄いですね^^;
尤も、一応「清純派」の女優さんと言うことで、完全なヌ○ドシーンはさすがにありませんでしたが、それでも結構キワドイシーンはあって、童顔に似合わないむっちりとした肌を露出していたという記憶が鮮明に残っています(って、そんなことしか覚えていない私^^;)

松本ちえこ
♪まん丸顔の~女の子は、い~妻になれるって…私って、なれそう?ね、バスボン!
と言うCMソングを歌っていた元アイドル歌手。「恋人試験」もヒットしました。
サスペンス物には「元アイドル」枠ってあるんでしょうか!?彼女とか、故・甲斐智枝美とか、少し後の北原佐和子とか、たいていはヒロインの同僚のOLでいじめ役で、しかも途中で殺されてしまうと言う確率が高かったような気がします。
(まだつづく…かも?)
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR