小説吉田学校・再見

「小説吉田学校」(1983年・フィルムリンク・インターナショナル・森谷司郎監督)再見していました。
物語は、敗戦直後の昭和20年代、「ワンマン」と言われた吉田茂首相(森繁久彌)と彼の弟子たち-佐藤栄作(竹脇無我)、池田勇人(高橋悦史)、田中角栄(西郷輝彦)、娘和子(夏目雅子)の夫・麻生太賀吉(村井国夫)ら通称「吉田学校」の人々と、吉田の宿敵鳩山一郎(芦田伸介)、河野一郎(梅宮辰夫)、三木武吉(若山富三郎)らとの政権抗争を描いた娯楽政治史ドラマです。

原作は政治評論家戸川猪佐武の同名ベストセラー小説。
「歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は茶番として」(カール・マルクス)
と言う言葉どおり、つい先日の総選挙では吉田茂の孫と鳩山一郎の孫との間で政権争奪戦が行われた挙句、最後は鳩山が勝ったのも同じです。それが茶番なのかどうかはともかくとして、映画だから美化されている点を考慮しても、この映画を観ていると孫より祖父、今より昔の政治家の方が偉く思えてしまうのは致し方のないところです。
ちなみにこの映画は封切当時に映画館で観ていますが、公開当時だと映画に扱われた時代からまだ30年後だったので劇中人物の多くは存命で現役でした。吉田とか鳩山はさすがにもう亡くなっていましたが、田中角栄、中曽根康弘(映画では勝野洋)、三木武夫(峰岸徹)、宮澤喜一(角野卓造)などはバリバリの第一線でした。
また、公開当時は「ニューリーダー」と言われた安倍晋太郎とか竹下登なんかが「ポスト中曽根」を伺っていた頃なので、映画の中にもちょろっと出てきます。昭和20年代はまだ無名だったはずなんですが。
そういう意味じゃ、公開当時に観た時はリアルに知ってる政治家たちがたくさん出ているせいもあって、別に「偉い」って感じにはなりませんでしたけどね。まあ、今も昔も政治家なんて所詮同じもんだっ、てね。
なのに20年経った今では田中も中曽根も、或いは竹下も安倍パパも、今現在の政治家より何となく偉く思えてしまうから不思議です。「昔は良かった」と言う懐古趣味な部分もあるんですけど、小林秀雄の言うような「死んだ人間の方が人間らしい形をしている」からなのかもしれません(おっと、中曽根はまだ存命か^^;)

映画に話を戻すと、映画の構成は、前半が吉田茂首相(森繁久彌)が艱難辛苦を乗り越え日本の講和独立を勝ち取るまで。後半が、宿敵鳩山一郎(芦田伸介)、特に鳩山派の謀将・三木武吉(若山富三郎)との抗争を描いた、事実上の二部構成となっています。
前半で日本がまだ敗戦国で占領軍(GHQ)統治下に置かれている時代はモノクロで描かれ、講和独立とともにカラーパートに移っています。つまりカラーになってからが今(公開当時)に繋がる「現代」。吉田茂が現代政治の楚を作ったと同時に、吉田vs鳩山の争いこそが自民党派閥抗争の原点であった、と意識させる効果を狙っていると思われます。

内容的には主役が吉田茂である以上、吉田派は概ね善玉の扱い。
しかし、美男子の佐藤栄作が竹脇無我と言うのはまだいいにしても、田中角栄が西郷輝彦って…。口髭生やして扇子バタバタさせている「角さん」のパブリックイメージに笑わされてしまうのですが、やっぱ西郷輝彦の「どてらい奴」的なキャラに重ね合わせたキャスティングだったのでしょうか。
一方、反吉田派は悪玉と言うわけではありませんが、人相の悪そうな顔触れが演じているのが特徴。
三木武吉=若山富三郎、河野一郎=梅宮辰夫、浅沼稲次郎=小池朝雄なんて、ヤクザ映画かと思いました。特に病床から起き上がる鳩山の背中に羽織をかける河野、その傍らで腕組みする三木武吉 …なんてシーンは、まさに老親分と若頭、叔父貴分ヤクザそのまんま!まあ政治家もヤクザも似たようなもんですけどね。。河野一郎とか三木武吉なんかは、実物の映像も見た事がありますが、ひょっとしたら二、三人殺してるんじゃと思わせるような凄みと迫力のある風貌していました。この点はふやけた顔つきの、近年の二世政治家と違うところです。
出演している役者さんでやはり上手いな~と思うのは、日和見の田舎代議士・廣川弘禅を演じた藤岡琢也と、吉田派の策士・松野鶴平を演じた小沢栄太郎。いかにも下品で小狡い小狸の藤岡と憎たらしい狸親父の小沢。こういう癖のあるキャラクターを演じられる役者さんがいるといないとでは人間群像劇の幅が雲泥に違いますね。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR