雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

ブルーザー・ブロディ日本ラストマッチ

”超獣”ブルーザー・ブロディが最後に来日したのは、1988年春の全日本プロレス「'88チャンピオン・カーニバル」でした。 ブロディは日本武道館でジャンボ鶴田からインターナショナルヘビー級王座を5年ぶりに奪取し、翌週は名古屋で谷津嘉章を一蹴して初防衛。 その翌週は大阪でPWF&UN王者の天龍源一郎と初の三冠統一戦を実現(結果は30分両者リングアウト)。結局、仙台でのリターンマッチで鶴田にインターを奪還されたもの、4週連続でテレビ中継のタイトルマッチでメインイベンターを務め、その凄さを見せつけました。
そして迎えた1988年4月22日、川崎体育館でのシリーズ最終戦。
この日ブロディはジミー・スヌーカとのタッグで天龍と阿修羅原のコンビ「龍原砲」の持つPWFタッグ王座に挑戦する予定でしたが、スヌーカの怪我で急きょパートナーをトミー・リッチに変更。結果的にはこれがブロディと天龍の最後の対戦、そしてブロディの日本での最後の試合になってしまいました。

tenvsbro01.jpg
入場する天龍、原の「龍原砲」。
tenvsbro02.jpg
方やブロディとリッチは即席コンビ。
tenvsbro03.jpg
ブロディはチェーンを振り回し観客を蹴散らす独特のパフォーマンスで入場。
tenvsbro04.jpg
PWFタッグ選手権。王者チーム・天龍&原vs挑戦者チーム・ブロディ&リッチの一戦です。
tenvsbro05.jpg
元NWA王者(だだし3日間だけ)の”野生の炎”トミー・リッチ。
tenvsbro06.jpg
”超獣”ブルーザー・ブロディ。
tenvsbro07.jpg
”ヒットマン”阿修羅原。
tenvsbro08.jpg
”風雲昇り龍”天龍源一郎。
tenvsbro09.jpg
原とリッチの先発で試合開始。
tenvsbro10.jpg
グラウンドで天龍を締め上げるリッチ。
tenvsbro11.jpg
睨み合う天龍とブロディ。
tenvsbro12.jpg
ブロディのギロチンドロップが天龍に炸裂。
tenvsbro13.jpg
そしてドロップキックで天龍を吹き飛ばします。
tenvsbro14.jpg
しかし最後は天龍のパワーボムがリッチに決まり3カウント。
tenvsbro15.jpg
収まらないブロディが天龍に襲い掛かります。止めに入るセコンドは川田利明とサムソン冬木。
tenvsbro16.jpg
チェーンで天龍を締め上げるブロディ。
tenvsbro17.jpg
更に観客席へ雪崩れ込んで大暴れ。
tenvsbro18.jpg
まさかこれが最後の雄姿になろうとは知る由もなく、次の来日を楽しみにしていたのですが…。

関連タグ: 全日本プロレス

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad