ポプラ社「少年探偵シリーズ」旧版27巻以降

o0225030012884244993.jpgo0140020012884246210.jpg

昨年来、ポプラ社の「江戸川乱歩全集・少年探偵シリーズ」が、私が子供の頃に愛読していた時代の懐かしい表紙・装丁により文庫版で復刻しています。
特に、大半の表紙絵・挿絵を手掛けた柳瀬茂氏の、ちょっとレトロ感覚でロマンティックでミステリアスな画風には、当時どれほど想像力を掻き立てられたことでしょう。やっぱり「少年探偵シリーズ」はこれでなくっちゃ、と思います。
でも…残念ながら、と言うか、当然ながら、と言うか、旧版の27巻以降、つまり乱歩の大人物小説を他の人が書き改めた作品は復刻しませんでした。
件の旧版27~46巻のうち、私が持っているのは6巻分だけです。だって貧乏な小学生だったから、お金がなくて買えなかったんだもん^^;それに途中から、乱歩のオリジナルの方を読み始めてしまったので、ポプラ社版は買い揃える必要もなかったのです。
o0187025012884246216.jpg
現在も手元にあるのは第27巻『黄金仮面』、28巻『呪いの指紋』、30巻『大暗室』、31巻『赤い妖虫』、34巻『緑衣の鬼』、42巻『蜘蛛男』です。ただこのうち『黄金仮面』は「少年探偵シリーズ」ではなくて「名探偵シリーズ」の第1巻となっています。
これは確か古本屋で買ったのですが、元々旧版の27巻以降は「少年探偵シリーズ」とは別のシリーズとして発行されていたらしいです。この「名探偵シリーズ」には乱歩だけではなく横溝正史や高木彬光、海野十三らのジュナイブル作品も収録されています。
しかし便利な時代になったもので、ネット上を検索すると「少年探偵シリーズ」の表紙は比較的容易に画像が検索できるので、旧版27巻以降の分も見ることができます。ただ、さすがに中身の挿絵まで見せてくれているところは、ないようです。ならば、かくなる上は私が…と思ったのですが、私が持っているのは6冊だけだし^^;それに1冊分を全部見せるわけにもいきません。そこで、ほんのごく一部だけですがアップしてみますので、往時を懐かしんで貰いたいと思います(なお挿絵は柳瀬茂氏です)。
o0187025012884246219.jpgo0187025012884246225.jpg
『赤い妖虫』

o0187025012884246231.jpgo0187025012884246235.jpg
『呪いの指紋』

o0187025012884246244.jpgo0187025012884246245.jpg
『蜘蛛男』
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 江戸川乱歩
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR