文庫本あれこれ

現在は絶版のもの、版は重ねているが装丁が異なるものがあります。

o0250018712884252435.jpg
坂口安吾『不連続殺人事件』と『復員殺人事件』(角川文庫)
『不連続』の表紙は映画のスチール。たぶん10年以上この表紙が続いたんじゃないかと思うのですが、ATGのマイナー作品な上、あまりテレビで放送されたこともないので(私は一度観ましたが)殆どの読者に何の場面だかわからなかったのではないかと思うのですが^^;
『復員』は絶版みたいですね。

o0250018712884252436.jpg
三島由紀夫『仮面の告白』と『音楽』(新潮文庫)
新潮文庫の三島作品と言えばタイトルと名前を大書きしただけのシンプルな装丁が定番でしたが、最近のものはだいぶカラフルなデザインになっているようです。
ちなみにこちらは角川文庫の三島作品ですが、
o0250018712884252437.jpg
…なんで同じような装丁だったんでしょうか(笑)

o0250018712884252441.jpg
カミュ『太陽の讃歌』と『反抗の論理』(新潮文庫)
新潮文庫はこういうシンプルな装丁が多かったですね。現在は絶版です。
しかし俺、こんなの本当に読んだのかな^^;

o0250018712884252446.jpg
安部公房『幽霊はここにいる・どれい狩り』と『緑色のストッキング・未必の故意』(新潮文庫)
これも今、絶版なんですね。知りませんでした。うかうかしてると、みんな絶版になっちゃいますね。。。

o0250018712884252451.jpg
岡本綺堂『半七捕物帳』(旺文社文庫)
受験で有名な旺文社は昔、名作物を中心に文庫を出版していました(現在は廃刊)

o0250018712884252454.jpg
田河水泡『のらくろ漫画集(1)』(講談社・少年倶楽部文庫)とつげ義春『腹話術師』(講談社漫画文庫)
漫画の文庫本化のはしりとなったのが、たぶんこの「少年倶楽部文庫」ではなかったかと思います。
以後漫画を扱う出版社からは続々漫画文庫が創設されました。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 三島由紀夫
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR