怪人二十面相

nijumensou.jpg前に書いたように、ポプラ社の「少年探偵・江戸川乱歩全集」旧版27巻以降(大人小説のリライト物)は5冊しか持っていないのですが、26巻まで(オリジナル少年物)は、当時のものが今でも21冊ばかり手元にあります。念のため記すと、欠けているのは18『魔法博士』19『灰色の巨人』20『魔人ゴング』23『悪魔人形』25『黄金の怪獣』の5冊です。全部揃わなかったのは、単にお小遣いが足りなかったからですが、この5冊を特に除外して買わなかった理由はよくわかりません。何となくつまらなそう、或いは表紙や挿絵が気に入らない(定番の柳瀬茂氏じゃない)、と言ったことからでしょうか。
それはさておき、先日からその21冊のうち何冊かチョイスして読み返していました。当たり前の話ですが、少年時代に読んでいた時のような感興はなかなか甦って来ません。特に後半期の作品、つまり怪人、電人、宇宙人などが跳梁跋扈する話は少し退屈です。どんな奇怪な化物が現れても、その正体が怪人二十面相であることはバレバレだし、宇宙人やロボットにしては、やることがみみっちい上に、最終目的は所詮明智小五郎と少年探偵団への復讐なんですから、ガックリです。この情けなさは、世界征服を謳いながら幼稚園バスを襲うショッカーの怪人を彷彿させるものがありますね^^;
それに比べると、戦前に書かれた初期の作品はまだしもグレードが高いです。だいたい、ポプラ社版を比較してみても、後半作の多くは大きな活字でページを組んで全体のぺージ量を増やして、薄い中身を誤魔化しているのですが、初期作品は小さい活字で1ページにびっしり。分量も内容も濃いです。
中でも『怪人二十面相』は第1作目と言うことで、子供向けとは言え乱歩も力が入っていたのでしょう、面白さは群を抜いています。

そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気の挨拶でもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。

と、こんな書き出しで始まる『怪人二十面相』は、最初から二十面相と呼ばれる怪盗の存在を明示しています。単なる愉快犯に堕落してしまった後半期と違い、この頃の二十面相は美術品しか狙わず、犯行の際には必ず「予告状」を送りつけ、血を見るのが嫌いな正真正銘の「怪盗紳士」。その二十面相が羽柴家の財宝に目を付けるところから物語は始まるのですが、一方で、我らが名探偵・明智小五郎はまだ姿を現しません。明智は外国出張中と言うことで、代わりに「りんごのようなほおをした」美少年の助手・小林少年が登場します。この小林少年の活躍でひとまず盗難は阻止され、やがて中盤になって漸く明智が外国から戻って来て、登場します。しかもそこへ、外務省の役人に化けた二十面相が、大胆不敵にも明智を東京駅まで出迎えに現れるのですから、ボルテージは最高潮に上がります。ステーション・ホテルの一室で、二人っきりで明智と差し向かいになった二十面相は、さも親しげに語りかけるのです。

「明智さん、ぼくは、どんなにかきみに会たかったでしょう。一日千秋の思いで待ちかねていたのですよ」

対する明智も負けていません。

「ぼくこそ、きみに会いたくてしかたがなかったのです。汽車の中で、ちょうどこんなことを考えていたところでしたよ。ひょっとしたら、きみが停車場に迎えに来ていてくれるんじゃないかとね」

ああ、なんと格調の高い名場面でしょうか!…と、読んでいるこっちも思わず乱歩の語り口調になってしまうような^^;明智と二十面相との初コンタクトシーンの描写です。名探偵と怪盗が、表面はにこやかに談笑をかわしながら、腹の中で火花を散らす、息詰まる心理戦…。このあたりのくだりは、今読み返していても思わずワクワクしてくるのですから、子供時代に初読した時には、さぞかし心を躍らせたことでしょう。余談ですが、私はこの中の「一日千秋」と言う言葉を知って気に入ってしまい、当時、国語の作文では意味もなく連発していたような気がします^^;
物語の後半は、いよいよ明智と二十面相、「巨人」と「怪人」との、知力を尽くした直接対決。傍若無人にも国立博物館のお宝を全て頂戴すると予告し、真っ向から明智に挑戦して来た二十面相の恐るべき策略とは?迎え撃つ明智の秘策は?そして小林少年と少年探偵団の活躍は?…と言う訳で、最後まで盛り上がりにこと欠きません。
ちなみに「少年探偵団」はこの第1作目で、物語前半の登場人物・羽柴少年の音頭で小林少年を頭に仰いで結成され、ラストシーンの国立博物館前での二十面相捕縛に活躍しています。シリーズ定番の「明智先生ばんざーい、小林団長ばんざーい」による〆も既に始まっています。後年、上野の博物館に行った時には「ああ、ここで二十面相が逮捕されたのかぁ」と感慨深かったです^^;
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 江戸川乱歩
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR