雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

ブロディ死す

1988年7月17日、”超獣”ブルーザー・ブロディがプエルトリコで刺殺されると言う衝撃的な事件が発生しました。「ブロディ死す!」の報を受けて、全日本プロレスは急きょ19日の後楽園ホール大会でブロディ追悼のテンカウントゴングを実施し、その模様は7月24日(日曜日)の「全日本プロレス中継」で放送されるはずでした。
ところが。
なんと自衛隊の潜水艦なだしおと漁船の衝突事故が発生したため、プロレス中継は緊急報道番組に差し替えられてしまったんです。当時、不謹慎ながら「こんな時に余計な事故を起こしやがって!」と腹が立ったのを覚えています。尤もプロレス中継そのものは翌25日(月曜日)の夕方に振り替え放送されたのですが…。ちなみにこの時間帯は本来「あぶない刑事」再放送が行われる予定でした。なので「なんでプロレスなんか放送するんだ!」と思った人の方が多かったでしょうね^^;

pro8801.jpg
御大ジャイアント馬場がブロディの遺影を抱えてリングに上がります。
pro8802.jpg
リング下から険しい表情で見つめるブロディの盟友スタン・ハンセン。
pro8803.jpg
全選手がリング下に整列し追悼の10カウントとともに黙とうをささげました。
pro8804.jpg
ハンセンは高木功とのシングルマッチに登場。
pro8805.jpg
いつもと変わらぬブルロープで観客を蹴散らすパフォーマンスで入場します。
pro8806.jpg
試合そのものはハンセンが伝家の宝刀ラリアットで冷静に高木を一蹴。
pro8807.jpg
しかしその直後、遂にこらえきれなくなったハンセンはこぶしを高く突き上げてブロディの名前を連呼し始めます。
pro8808.jpg
観客もそれに和して場内に巻き起こる大ブロディコール!
pro8809.jpg
最後は両手を天にかざしたハンセン。
pro8810.jpg
更に帰り際で振り返ってもう一度ブロディの名を叫んだ涙声のハンセン。
実況の倉持隆夫アナ「なんだか僕たちも涙声になりますね」
解説の竹内宏介さん「男の友情ですねえ!」
最後の竹内さんのコメントがちょっと安っぽくて興醒めでした^^;
スポンサーサイト


関連タグ: 全日本プロレス

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad