パパはニュースキャスター

papanewop.jpg
1987年1月~3月に放送された田村正和主演のTBSドラマ(全12回)

物語。 鏡竜太郎、40歳。職業、ニュースキャスター。ジャーナリストとして正義感に燃える彼にも、欠点がある。
唯一と言っていい彼の欠点は、酒。飲むと記憶をなくすほど酔い、女を口説くのである。
12年前、彼は3人の女を口説いた。そのことが、やがて思いがけない悲劇となって彼の身に襲いかかろうとは夢にも思わずに…。
このドラマは、ある日突然三人の娘の父親になった独身主義者の悲劇…ではなく、喜劇である!

このドラマは1987年、つまり昭和62年放送と言うことで、昭和も極末期の作品です。当時、一応大人(大学生)になっていましたから、いかに記憶力の悪い私でも改めてDVD等を見るまでもなく、詳しい内容を覚えていました。なので、あんまり懐かしさは感じないですね。まだ最近のような気がしちゃうんです^^;

お話は、独身主義者の主人公(田村正和)のもとに、娘と名乗る3人の愛(愛と書いてめぐみと読むw)と言う少女たち(大塚ちか子、西尾麻里、鈴木美恵子)が出現したことから始まる、ホームコメディ。
・「ニュースキャスター」と言う、当時花形になりつつあった存在
・テレビ局の裏側と言う、所謂「業界モノ」の走りとなった舞台設定
・「うちの子にかぎって…」から続く、大人びた口を利くマセた子供と言うキャラクター
・そして「擬似家族」と言う、家庭崩壊と言われ始めた時代状況を反映したテーマ設定
…などなど。見た目はいかにも昭和末期における流行的な素材を散りばめているドラマですが、でも中身は笑いあり涙ありの、オーソドックスな人情コメディになっているところがミソです。

papanew0215.jpg
最初はよそよそしく、ぎこちなかった親子関係がだんだん本物らしくなって行って、田村正和が「父性愛」に目覚めるプロセスはよく描けているし、見た目は生意気そうでいても実は孤独で優しい少女たちの心情にもじーんと来ますので、老若男女、家族で観られる良質のドラマだったと思います。田村さんと恋人役・浅野温子の、クールで甘い「大人の関係」にも何か、憧れましたね^^;

田村正和と言えば、今ではテレビ界の押しも押されぬ大スター。
でも80年代初めぐらいまでは、阪妻の息子である田村三兄弟の中では、はっきり言って田村正和が一番印象が薄かったかなあ。。。一応主役のドラマとかもいくつかあるんだけど、イマイチ線が細くて個性が弱かったように思います。しかし「うちの子にかぎって…」で二枚目半のコミカルな面を見せてからは大ブレイク。いつもボソボソ、グシュグシュ喋っているステレオタイプな演技なんですけど、でもそれだけでひとつのスタイルを確立してしまったのですから、やっぱり大したものだと思います。
ちなみにこのドラマは本放送後も、1994年まではスペシャルが何度か作られていました。特に94年に放送された、20歳になった3人の愛たちとパパとのドラマは秀逸でした。このドラマは子役を演じていた3人が3人とも今でも女優を続けているレアなケースなのですから、できればもう一度スペシャル(「おじいちゃんはニュースキャスター」!?)を作ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR