刑事コロンボの吹き替え

「刑事コロンボ」の吹き替え俳優さんたちの名前をざーっと眺めていて、あることに気が付いた。
もともとこのシリーズは、普段殆ど吹き替えをやらない一般俳優が数多く起用されていることで知られているが、更によく見ると、コロンボ役・小池朝雄に縁の深い人が目立つ。
小池朝雄の芸歴を簡単に振り返ってみると、
1950年「文学座」付属演劇研究所に入所。
1963年「文学座」を脱退し福田恒存、芥川比呂志らの結成した「劇団雲」に参加。
1975年「雲」が福田派(劇団昴)と芥川派(演劇集団円)とに分裂すると、「劇団昴」に参加。
…となるのだが、小池の所属した「文学座」「劇団雲」「昴」で、言わば同じ釜の飯を食った仲間が多いのだ。
まず、文学座で一緒だったのが川辺久造(「パイルD-3の壁」のマーカム)、北村和夫(「権力の墓穴」の次長)。
文学座-劇団雲と行動をともにしたのが、西沢利明(「歌声の消えた海」のタイジンガーなど)、岸田今日子(「ロンドンの傘」のリリアン)、高橋昌也(同じくニック)、文野朋子(「二つの顔」のペック夫人)、加藤和夫(「黄金のバックル」のエドワード)、橋爪功(「第三の終章」のエディ)、稲垣昭三(「ルーサン警部の犯罪」のシド)。
文学座-NTLを経て雲に合流した南美江(「死者のメッセージ」のアビゲイル)。
他にも、劇団雲-昴の田島令子(「美食の報酬」のイヴ)もいるし、あと確信がないが小沢紗季子(「もう一つの鍵」のベス)も文学座~劇団昴じゃなかったかしら。
「雲」や「昴」の関係者は当時小池と同じ劇団ということで(セットで?)キャスティングされたのかもしれないが、「文学座」で袂を分かった北村、川辺とはどうだったんだろう。文学座の女帝杉村春子は「劇団雲」に参加したメンバーを終生許さなかったと言われるが、座員がテレビで共演するのはOKだったのかな。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR