雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

仮面ライダー


Youtubeより、元祖「仮面ライダー」第1回(1971年)
http://www.youtube.com/watch?v=0K_Ih1P25Sw part1
http://www.youtube.com/watch?v=uArVuGfO5Oo part2
http://www.youtube.com/watch?v=vSCJEMNgZ4Y part3
これ初めて見たかも。
放送当時、私が見始まった時は既に2号ライダーに代わっていた後だったから、1回目ってたぶん再放送でも見たことがない。なるほど、こう言う始まりだったのね。
やはり最初はフォーマットがいくつかの点で違う。
まだナレーションの中江真司のサブタイトルコール(「怪奇!蜘蛛男!!」)がないし、ライダーに変身ポーズがないのは勿論のこと、「ライダ~キ~ック~!!」と言う技の掛け声もしていない。
ダークグリーンを基調にしたライダーのデザインも地味だし、本郷猛が緑川博士の娘ルリ子に父親殺しと間違われるなど話も暗い。藤岡弘が怪我をせずこの路線のまま行っていたら、さほど人気も出ないまま半年ぐらいで終わっていたのだろうか。
尤も、ライダーの配色はこの旧1号の方がカッコイイのにと子供の頃から思っていたが。
今思うと「仮面ライダー」の作品世界観には不思議なことが多い。
世界征服を企む恐ろしい組織がいるというのに、戦っているのはライダーと協力者の立花藤兵衛のみ。政府や警察はいったい何をやっているのか。
また、そもそもライダーである本郷猛や一文字隼人は普段、何をやって生計を立てているのかよくわからない。立花藤兵衛も最初は喫茶店のマスターだったかと思うと突如としてレーシングクラブに衣替えしたり、更には後に個人で少年ライダー隊なんかも組織したりしているが、どっからそんな金が出ているのか謎だ。よほどの資産家なのだろうか。


関連タグ:

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。