くちづけ

1957年/大映/増村保造監督
出演/川口浩、野添ひとみ、三益愛子、小沢栄太郎、若松健、河原侃二、若松和子、村瀬幸子、見明凡太郎ほか

物語。選挙違反で逮捕された父(小沢栄太郎)の面会に行った欽一(川口浩)は、やはり父が汚職で逮捕された章子(野添ひとみ)と知り合う。二人はバイクで海岸へ向かい、ローラースケートで戯れ、そして酒を飲む。実は章子は母(村瀬幸子)の入院費や、父の保釈金の支払いを迫られていて、自分に関心を寄せる大沢(若松健)に身を売ることさえ考えていた。章子の窮状を知った欽一は、別居中の母(三益愛子)に用立てて貰った金を渡そうとするが…増村保造の監督デビュー作。

三島由紀夫は映画「からっ風野郎」(1960年大映、増村保造監督)に出演した時の経験をもとにして「スタア」と言う短編を書いています。その主人公は、当時流行の「太陽族」風の若手人気俳優という設定。なので、てっきりそのイメージのモチーフは石原裕次郎だろうとずっと思っていました。
でもよく考えてみると、むしろ川口浩だったんでしょうね。「からっ風野郎」と同じ大映だし、増村保造だし。そうそう、長谷川一夫を思わせる老醜の二枚目俳優も出てくるし。
若い頃の川口浩には確かに魅力がありました。
裕次郎のような野性味には欠けますが、育ちのいい品があって、ちょっと拗ね者で、青臭くて、甘ったれたような感じが母性本能を擽って。今では晩年の「探検隊長」のイメージでしか語られることがないですが、もっと評価されていい俳優だと思います。

この映画は、まるで川口ファミリーの映画のような作品。原作が作家で大映の専務だった父親の川口松太郎。川口の母親役が実の母である三益愛子。そして恋人役が後に妻となる野添ひとみ。
松竹から移籍してきた野添は、これが大映初出演で、川口浩とも初共演。
ラストで、川口が「あの子だよ」と野添を紹介すると、三益が「面白そうな子だね」と言うシーンがありますが、今観ている者としては、ああ良かった、お姑さんは未来の花嫁を認めてくれたようだな…って、何だか現実が被ってしまいます。
野添ひとみは抜群にスタイルがいいし、美人ではないが今でも通用しそうなコケテッシュな魅力があります。
川口が公衆電話をかけるシーンでは、東京都内の電話番号が全部一冊の電話帳に収まっていることに時代を感じました。
kuchizuke0101.jpgkuchizuke0103.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR