「ローマの休日」広川太一郎吹き替えバージョン


↑うわっ、懐かしい。
アン王女(オードリー・ヘプバーン)=池田昌子、美容師のマリオ=広川太一郎
による吹き替え版の、あのシーン!

romanholiday01.jpg

子供の頃から「ローマの休日」と言えば、テレビの洋画劇場でこの2人(そしてグレゴリー・ペック=城達也)の声にずっと馴染んでいた。
なので後年、初めて字幕版を見た時はびっくり。

オードリーの地の声が池田昌子とは似ていなかったのも違和感あったが、何より、王女の髪を切る美容師が全然違う!
吹き替え版の広川太一郎が
「なぁ~んてステキな御髪な~んざんしょ!」「ほんとうにい~んざんすか!?」
などと、オネエ言葉で語っていたことによって、てっきりこの美容師はオカマなんだと思い込んでいたからだ。
でも実際は、字幕版を見ればわかる通り、典型的なイタリア人プレイボーイと言う感じ男。
長年、すっかり広川太一郎に騙されて?いたわけだ。

尤もよく考えてみれば、本当にオカマだったら王女をナンパするはずない。でも、昔は男の美容師って言ったら
漫画やドラマなんかでも、何となくなよなよっとした、カマっぽいイメージで描かれていたから、不思議に思わなかったのだろう。

この動画に収録されているのは、最初が72年フジ版、次が79年テレ朝版の池田×広川バージョンだと思うが、79年版では美容師のオカマ度がより過激になっているのが面白い。
アン王女=池田昌子の声は、こうして聞き比べてみると72年版の方がやはり若くて可愛らしく、79年版ではやや落ち着いた大人の声の感じになっている。
ちなみに、動画の最後に収録されている山寺バージョンも95年版の池田昌子だが、さすがにお年を召した声になってしまっているのは否めない。オードリーの声は池田昌子しか認めない私でも、ここまで来るとちょっと聞いているのが辛くなる。
できればDVDで、72年の吹き替え版を出して欲しいものだ。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR