刑事コロンボの吹き替え(アニメつながり編)

「刑事コロンボ」の吹き替えは、犯人役(ゲストスター)の声に声優が専業ではない俳優さんが起用されていることが多いです。例えば山城新伍さん(「ルーサン警部の犯罪」)や平田昭彦さん(「攻撃命令」)の吹き替えなどは、このシリーズ以外では聞いたことがありません。「コロンボ」に限らずNHKには、今も昔も吹き替えに有名俳優さんを起用する傾向があるようです。しかし勿論有名俳優さんばかり使っているわけにはいきません。それ以外では当時のアニメで私にもお馴染みだった声優さんたちがたくさん出演しています。
以前も書いたように、「ルパン三世」のルパンこと山田康雄さん(「悪の温室」の被害者トニー)、次元大介の小林清志さん(「第三の終章」出版社社長ニール)、二代目五ェ門の井上真樹夫さん(「魔術師の幻想」歌手のダニー)、初代峰不二子の二階堂有希子さん(「ビデオテープの証言」犯人の妻エリザベス)、銭形警部の納谷悟朗さん(「策謀の結末」犯人デブリン)と、ルパン一家は全員コロンボシリーズの吹き替えに出演しています。
納谷悟朗さんと言えば、納谷さんが沖田艦長の声で出演した「宇宙戦艦ヤマト」の古代進こと富山敬さん(「歌声の消えた海」マジシャン)、デスラー総統の伊武雅刀さん(「白鳥の歌」ルーク)、そして主題歌の佐々木功さん(「ビデオテープの証言」アーサー)も「コロンボ」に声の出演をしています。
その佐々木功さんがコンドルのジョーの声を演じた「科学忍者隊ガッチャマン」の大鷲のケン・森功至さん(「アリバイのダイヤル」被害者エリック)、南部博士の大平透さん(「5時30分の目撃者」被害者エリオット)、ベルクカッツェの寺島幹夫さん(「殺人処方箋」のゴードン検事)、白鳥のジュンの杉山佳寿子さん(「二枚のドガの絵」トレーシー)もコロンボシリーズの吹き替えをしています。
杉山佳寿子さんは「アルプスの少女ハイジ」のハイジ役が有名ですが、ハイジと言えば「クララが立った!」のクララこと吉田理保子さん(「魔術師の幻想」デラ)も「コロンボ」で吹き替えをやっています。
その吉田理保子さんが番場ユキ、そして富山敬さんが番場蛮だった「侍ジャイアンツ」からは他にも八幡先輩の納谷六朗さん(「ロンドンの傘」オキーフ刑事)、川上監督の西田昭市さん(「ロンドンの傘」ダーク部長…あ、八幡とはまた上司と部下w)、大砲万作の西尾徳さん(「ロンドンの傘」ジョーンズ…ああ、この方もまた一緒w)、美波理香の武藤礼子さん(「アリバイのダイヤル」シャーリー)
武藤礼子さんと言えば「ムーミン」のノンノン。そのムーミンの岸田今日子さん(「ロンドンの傘」リリアン)、ムーミンパパの高木均さん(「殺しの序曲」バーティ)、ヘムレンの雨森雅司さん(「美食の報酬」アルバート)、スニフの富田耕生さん(「アリバイのダイヤル」リゾコーチ)
富田耕生さんと言えば伝説の日本テレビ版初代ドラえもん。「ドラえもん」と言えばジャイアンのたてかべ和也さん(「もう一つの鍵」チャールズ)、スネ夫の肝付兼人さん(「歌声の消えた海」アーティ)
同じく藤子アニメと言えば「オバケのQ太郎」の初代オバQの曽我町子さん(「ビデオテープの証言」フランシーヌ)、神成さんの野本礼三さん(「悪の温室」ウィルソン刑事)、「怪物くん」のフランケン相模太郎さん(「仮面の男」デフォンテ)
相模太郎さんと言えば「ハクション大魔王」のブル公役。同じくふてぶてしいワン公キャラと言えば「チキチキマシン猛レース」ケンケンの神山卓三さん(「別れのワイン」ファルコン)。その「チキチキマシン猛レース」で実況ナレーションだったのは野沢那智さん(「死の方程式」ロジャー)
野沢那智さんと言えばパイロット版「ルパン三世」ではルパン。ルパンと言えば…
と、ここで最初の山田康雄さんに戻ります(やっとつながったw最後かなり無理矢理^^;)
まだまだほかにもたくさんの声優さんが出演していらっしゃいますが、きりがないので残念ながら省略させていただきます。あとは実際に「コロンボ」シリーズを見て、吹き替えを聞いてのお楽しみ、と言うことで。。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR