宇宙大戦争

uchudaisensoop.jpg
1959年/東宝/円谷英二特技監督/本多猪四郎監督
出演/池部良、安西郷子、千田是也、伊藤久哉、高田稔、土屋嘉男、ハロルド・コンウェイほか

1965年、宇宙ステーションが地球侵略を目論むナタール人の円盤の襲撃を受け破壊される。月の裏側にあるナタール人の前線基地を粉砕するために勝宮一郎(池部良)、安達博士(千田是也)らの乗った宇宙ロケットが出発する…

昭和の東宝特撮映画は殆ど子供時代に(テレビ放映も含めて)見ているのですが、これだけは今まで未見でした。怪獣の出て来ない、宇宙人とのバトルだけに特化した特撮なので、わたしのようなあまりSFに興味のないタイプにはちょっと苦手なジャンルです。せめて敵宇宙人が姉妹編「地球防衛軍」のミステリアン並みに個性的ならまだもしなんですが、ナタール人は実体を全く現しません。ただ雑兵みたいのがワラワラ出てきて安西郷子にセクハラ?を働くぐらいの描写しか出場がないので不気味さに欠けます。一方人間ドラマとしても、池部良が安西郷子と恋人同士、土屋嘉男と友人にあるみたいな関係は示唆されているものの、それが物語の上に生かされているとは言い難いです。どうせなら、安西さんをめぐって池部さんと土屋さんが三角関係にあって、最後は2人の幸せを願いながら土屋さんが壮絶な戦死を遂げる、というシーンで終わりにして欲しかったところですが…、でもそれじゃ主役なのに目立たない池部さんがすねちゃうか。
例によってやる気があるんだかないんだかわからない池部さんと、民主党の枝野官房長官が老けたような仏頂面の千田是也さんの脱力系演技にも萎えます。これが平田昭彦さんや志村喬さんだったら、どんなに画面が引き締まったことでしょう。ここに登場するメカとか月面の描写とか、今から半世紀以上前、しかもアポロの月面着陸の10年も前に、想像力と特撮を駆使してこれだけの映画を作ったのは、すごいっちゃあ、すごいです。逆に言えば、そういう条件付きじゃないと見られないのもこの手の古典的SF物のつらいところです。
uchudaisenso01.jpg
uchudaisenso02.jpg
uchudaisenso03.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 東宝
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR