雪之丞変化

yukinojo0101.jpg

1963年/大映/市川崑監督
出演/長谷川一夫、山本富士子、若尾文子、市川雷蔵、勝新太郎、船越英二、市川中車、中村鴈治郎、林成年ほか
物語。雪太郎(長谷川一夫)はもと長崎の大店の息子だったが、抜け荷の濡れ衣を着せられ両親を処刑された。雪太郎は剣術を学ぶ傍ら上方歌舞伎の花形女形中村雪之丞となって江戸に上り、仇の元長崎奉行土部三斎(中村鴈治郎)と広海屋(柳永二郎)、川口屋(伊達三郎)に復讐する…

長谷川一夫の映画出演300本記念として製作されたオールスター物ですが、本当は「引退勧告」作品だったのではないかと思います。
もともと「雪之丞変化」は遡ること28年前に、当時27歳の長谷川先生が初演した当たり役でした。しかし天下の二枚目も年をとります。演技力はさておき、皮膚が弛み腹の出た55歳の長谷川先生が今更演じるのはどう考えてもミスキャスト。しかも他社では1954年東映(東千代介主演)、57年新東宝(美空ひばり主演)、59年再び東映(大川橋蔵主演)と、当代の人気スターによって再三映画化されていた素材です。従って大映が手がけるなら本来は人気実力ナンバーワンの市川雷蔵主演で勝負したかったところでしょうが、長谷川先生がいるのに、差し置いて他の俳優で作るわけにもいきません。そろそろ長谷川先生にも退いてもらわないと困る…が、製作サイドのホンネではなかったかと思われます。
その気持ちは内容にも暗に、と言うか露骨に表れていて、劇中に義賊の昼太郎(市川雷蔵)と言う、この映画オリジナルのキャラクターを登場させています。昼太郎は盗賊として実力十分なのに、先輩の義賊・闇太郎(長谷川二役)があまりにも大物で有名であるため不遇と悲哀を囲っているという役どころで、これはどう見ても現実の雷蔵さんと長谷川先生の関係を揶揄しているとしか思えません。しかもラストでは、闇太郎と女賊のお初(山本富士子)が足を洗うと聞いて昼太郎が「これでいよいよオレの時代だ」とにんまりする、と言う痛烈なオチまで用意されています。
このあてこすりが効いたのが、目論み通り(?)長谷川先生はまもなく映画界を引退しました。ただ皮肉なのは、更に山本富士子さんまで例の5社協定事件で退社しこれが最後の大映作品になってしまい、後の大映没落の萌芽が始まったことです。
今から見ればそういう因縁も感じられる作品ですが、映画自体は元の素材の面白さに市川監督のスタイリッシュでテンポの良い演出がマッチして見事な出来栄え。舞台を意識したような平面的な構図と、アップでは長谷川先生の眼だけ浮き上がらせたりするカットの組み合わせがやたら多いのは、老いた長谷川先生の肉体を隠すための苦肉の演出だったのかもしれませんが、それはそれとしてこのお話しの持つ様式的な妖しい美の世界を完成させるのに役だっています。ただ今ひとつ納得行かなかったのは、雪之丞に恋焦がれる若尾文子のお嬢様役。若い娘が中年にメロメロになる心情もさることながら、そもそも若尾ちゃんの持ち味って、そんなストレートに純情可憐な柄じゃないような気がしたので、何となく違和感がありました。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 長谷川一夫 市川崑 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR