座頭市関所破り

zatoichi09op.jpg
1964年/大映/安田公義監督
出演/勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二郎、伊井友三郎、河野秋武、上田吉二郎、千波丈太郎、富田仲次郎ほか
物語。座頭市(勝新太郎)は笠間に向かう途中、新助(千波丈太郎)という男から妹のお仙(滝瑛子)に手紙を渡してくれるよう頼まれる。笠間の宿屋で市は、お咲(高田美和)という庄屋の娘と相部屋になる。代官(河野秋武)の横暴を幕府に直訴するため江戸に向かう途中で行方を絶った父親を捜しに来たのだった。実はお咲の父親は、代官と結託した親分の甚兵衛(上田吉二郎)の命令で新助に殺されていた。しかし裏切った代官と甚兵衛に島送りされた新助は島抜けし、復讐するために戻ってきたのだった…シリーズ9作目。

シリーズ映画のタイトルって結構いい加減で、例えば「座頭市牢破り」では牢破りなんかしていないし、「座頭市果し状」にも果し状は出てきません。でもこの「座頭市関所破り」ではちゃんと関所破りしていました。
脚本は「座頭市千両首」で支離滅裂な話を書いた浅井昭三郎。この話にもかなり辻褄の合わないところはあります。例えば、既に庄屋は殺されて下手人が島送りにまでなっていると言うのに、娘はそれを知らずまだ父親捜しをしているのは妙な話です。しかし舞台をあっちこっち動かさず宿場の中でじっくり展開させたのが幸いして、物語自体には大きな破綻はありません。市が高田美和と滝瑛子との板ばさみになったり、伊井友三郎演じる酔っ払いの老人に幻の父親の面影を重ね合わせたりするサイドストーリーもスパイスが効いています。ただ致命的なのは、市のライバル浪人役の平幹二郎。
市と平幹が最初に刀を抜きあった後のシーン。なんと平幹は、一度では刀を鞘に収められず、手で押さえて入れ直しているのです。これにはびっくりしました。お粗末過ぎます。平幹はこの当時TVの「三匹の侍」でレギュラー張っていたいたくせに、刀の扱い方も知らなかったんでしょうか。そもそもこんなNGをそのまま見逃してしまうスタッフもどうかしています。
いずれにせよこの失態が目に焼きついてしまったお陰で、その後で平幹がどんなにニヒルで凄腕振ったって、ちっとも強そうに見えないのです。ただの青侍。ライバル浪人がこの様じゃ興味も半減です。最後、斬られた平幹が「参った」と言って息絶えたのに苦笑させられます。参ったのは見てるこっちですって。
もうひとりの用心棒・中年浪人の富田仲次郎は大言壮語を吐きながら結局一度も刀を抜かないまま去ってしまい、強いんだか弱いんだかよくわからない面白いキャラクターでしたが、本来は強い用心棒との対比で光るはずだったのに平幹がヘタレなあおりを食らって、単に見掛け倒しが2人いるようにしか見えなくなってしまったのが残念。ちなみに富田仲次郎って黒澤映画とか「三大怪獣地球最大の決戦」に出てた印象が強いので東宝の人かと思ってたら、大映東映日活、いろんなとこに出てるんだね。
用心棒がダブル浪人なら娘役もダブルヒロインで、高田美和と滝瑛子。高田美和は普通ですけど滝瑛子が純情な娘役なのはあんまり見かけません。市を助けて活躍する角兵衛獅子兄弟の弟のほうは、後に「マグマ大使」「大魔神逆襲」に出演した二宮秀樹。
zatoichi0901.jpg
zatoichi0903.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR