スーパーロボット マッハバロン 第1話

machbaronop.jpg
1974年10月7日~1975年3月31日(全26話)。日本テレビ、日本現代企画。

国際救助組織「KSS(キス)」の嵐田陽が、体長50メートル・200万馬力のスーパーロボット「マッハバロン」を操縦し世界征服を狙うララーシュタイン率いるロボット帝国と戦うSF特撮ドラマ。
オンエアを見ていたのに全く内容を覚えていませんでした。似たようなタイトルで「スーパーロボット レッドバロン」ってのもあるので、ややこしい。ただ主題歌(OP曲&ED曲)だけは強烈な印象が残っています。
OP曲(フルバ-ジョン)

悪の天才が 時に野心を抱き
世界征服を 夢見た時に
君はどうする 君はどうするか 君は
じゅうりんされて 黙っているか
今だ出撃 マッハバロン
スーパーロボット マッハバロン
マッハコレダー ぶっ放せ
来たぞ ララーシュタインのロボット軍団
たのむ たのむ たのむ たのむ マッハバロン

ロックンロール調の激しいビートのエレキサウンドに乗せて「あっくぅのぉ天才が」とうねるように歌い上げる歌詞は、今聞いても斬新な内容。普通この手のヒーローソングは陳腐な美辞麗句でヒーローの特徴を讃える歌詞が殆どですが、この歌はいきなり「君はどうする 君はどうするか 君は!?」「蹂躙されて黙っているのか!?」と畳みかけるように「覚悟」を問うのだから恐れ入ります。「蹂躙」なんて難しい言葉はこの曲で覚えました。そのくせに最後は「たのむたのむたのむたのむ」と連呼で他力本願とは、どういうこっちゃねんと思いつつも心沸き立つものがあります。
一方ED曲はスローバラード調(フルバ-ジョン)。

マッハバロン 眠れ眠れ
お前が静かに 眠れる世の中が
平和で一番 素晴らしい時
それを父さんも 祈っているだろう
遠い世界で 祈っているだろう
マッハバロン 眠れ眠れ
お前の使命を 終わらせてあげたい
戦う機械で なくしてあげたい

OP曲で散々戦意を鼓舞しておいてED曲では一転、平和への願いを静かに語る。この落差に子供の頃は戸惑いましたが、今聴いてみると「蹂躙されて黙っていない」ことも「平和で一番素晴らしい」ことも決して別事ではなく一対になってるんですね。40年振りに耳にして思わず涙が出そうになりましたが、作詞が阿久悠、作曲が井上忠夫(大輔)と知ってびっくり。

さてかくも感動的な主題歌を持つ物語の登場人物たちは
machbaron01.jpg
主人公、嵐田陽(下塚誠)。KSS(国際科学救助隊"Kokusai Scientific Salvage"の略称。ララーシュタインと戦うために作られた私設組織)の会長・嵐田竜之介の孫でマッハバロン設計者・故嵐田陽一郎博士の息子。マッハバロンを操縦できる唯一の人間。
machbaron02.jpg
岩井明(力石考)。KSS の副隊長格。通称ガンさん。
machbaron03.jpg
白坂譲司(加藤寿)。KSS の隊員。通称ジョージ。
machbaron04.jpg
小杉愛(木下ユリ)。KSS の紅一点。
machbaron05.jpg
村野博士(団次郎)。マッハバロンを製造したロボット工学者でKSS のリーダー。
machbaron06.jpg
花倉刑事(深江章喜)。KSS の捜査に協力するベテラン刑事で通称「発明刑事」。
小杉健一(内海敏彦)。愛の弟。
machbaron07.jpg
ゲオルク・ララーシュタイン(伊海田弘)。ロボット帝国の総統。マンモスカリフラワーのような逆立った巨大な髪の毛は感情の度合いで七色に変化します。
machbaron08.jpg
タンツ陸軍参謀(麿のぼる)、スーカン海軍参謀(所雅樹)、ゲラー空軍参謀(桜木栄一)。ララーシュタインの息子(実はアンドロイドらしい)。お互い仲が悪く足の引っ張り合いばかりしています。

団次郎が出演していたんですね。これもすっかり忘れていました。
3年前の「帰ってきたウルトラマン」(1971年)では新人でしたが、この作品では早くも博士役でリーダーになっています(でも実年齢はまだ当時25歳!)
主演の下塚誠は後に時代劇などでちらほら見かけました。ほかの面々はベテランの深江章喜以外知りません。唯一の女性メンバーも華や色気が欠け、いささか地味な印象です。
ちなみに団次郎、深江章喜とくれば後に同じ局で放送された「少年探偵団(BD7)」(1975年)を思い出すのですが、実は同じ製作会社の作品でした(健一役の内海敏彦もレギュラーで出ていたらしい)

とりあえず第1話を見てみましょう。

第1話「マッハバロン暁に出撃す」
嵐田陽一郎博士はララーシュタインとともにロボット工学の研究をしていました。しかしララーシュタインの世界征服の野望を知り、自らが設計した巨大ロボット・マッハバロンを悪用されないためにその設計図を携えて脱出。妻子を連れて旅客船で日本へ帰ろうとしますが、その途中でララーシュタインの差し向けたロボット・ハイルV1号の襲撃を受けて船は沈没。博士から設計図を託された息子・陽だけが生き残ります。
それから10年。
machbaron0101.jpg
祖父・竜之介(香川良介)の元で養育された陽(下塚誠)は、ララーシュタインの侵略に備えてマッハバロンの操縦訓練に明け暮れる毎日。しかし肝心のマッハバロンはいつになっても見せてもらえず、嫌気がさした陽は訓練を放棄して外へ飛び出します。
machbaron0102.jpg
すると突然襲って来たアメフト軍団。
ではなく、ララーシュタインのアンドロイド兵士。てっきり変装しているのかと思ったら、これが正規の恰好らしい。
陽は捕えられてラグビーボール爆弾を蹴りつけられますが、危ういところを発明刑事(深江章喜)に救われます。
machbaron0103.jpg
焦る陽はKSS本部に村野博士(団次郎)を訪ねて、早くマッハバロンに乗せろと直談判。
しかしマッハバロンは完成まで絶対秘密になっており、たとえ会長の孫でも容赦なく叩き出されて池に投げ込まれます。
machbaron0104.jpg
一方、ララーシュタインはマッハバロンが完成する前に先手を打って侵略を開始し、ロボット・ハイルV2でKSS本部を破壊。
machbaron0105.jpg
予め秘かに海底基地へ本部を移動していたKSSはガンさん(力石考)、ジョージ(加藤寿)、愛(木下ユリ)が KSSバードで出撃して応戦します。
machbaron0106.jpg
しかしアンドロイド兵士が竜之介を襲い、殺害。
陽は今際の竜之介から完成したマッハバロンと人類の命運を託されます。
machbaron0107.jpg
陽はマッハバロンとのドッキングユニットであるスーパーカー・マッハトリガーに乗って、KSSの海底基地からマッハバロンに搭乗。
machbaron0108.jpg
ピースサイン型の奇怪な椅子に陣取る村野博士からの指示を受け、マッハバロンを起動します。
machbaron0109.jpg
ハイルV2号へ立ち向かったマッハバロンはアトミックファイヤー、バロンスマッシュなどを繰り出します。マッハバロンは足を長く見せるため高下駄でも履いているのか棒立ちで動きが少なく、殆どが飛び道具の応酬です。
machbaron0110.jpg
マッハバロンは必殺武器マッハコレダーでハイルV2を爆破し勝利。
machbaron0111.jpg
ラストは村野博士から改めて紹介された陽とKSSメンバーが軽口をきいて笑い合っている、ありがちなシーンでエンディング…。
machbaron0112.jpg
と思いきや、ララーシュタインのすさまじい形相がどアップで現れ、次なる侵略ロボットを繰り出すところで次回に続きます。

と言うわけで、マッハバロンは主人公が搭乗して内部から操縦するロボット。いわばマジンガーZを実写化したような作品です。ただアニメと実写の違いか、スマートさに欠けるデザインや造形は当時見た時も野暮ったかった記憶がありますし、原色を強調した美術セットも安っぽさを増幅しています。
ストーリーは所詮小学生向けなのでツッコミ入れてもしょうがないのですが、人類の平和を守るのが民間人の設立した組織、それも隊員が若造たった4人ってのはいくらなんでも心細い限り。対するララーシュタインのアンドロイド兵士も変なオッサン刑事が発明した素人兵器で撃退されるレベルじゃ役立たずにもほどがあります。
善悪両陣営ともパッとしない面々ゆえスケール感が乏しいのですが、ともあれこうして物語は始まったのでした。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: マッハバロン

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR