女番長 野良猫ロック

norakekorockop.jpg
1970年/ホリ企画製作/日活配給/長谷部安春監督
出演/和田アキ子、梶芽衣子、和田浩治、范文雀、十勝花子、久万里由香、睦五郎、中丸忠雄、藤竜也ほか
物語。メイ(梶芽衣子)とトシエ(小磯マリ)のスケバングループ同士の対決で、トシエのグループに青勇会の黒シャツ隊勝也(藤竜也)らが加勢してメイがピンチに陥った時、バイクで突入して助けたのは男…ではなく流れ者のアコ(和田アキ子)だった。メイの恋人の道男(和田浩治)は青勇会の計画した八百長試合を幼馴染のボクサー、ケリー藤山(ケン・サンダース)に依頼するが、ケリーは試合に勝ってしまう。青勇会に拉致られた道男を助けるため、アコとメイは殴りこみをかけるが・・・

梶芽衣子の出世作として知られる野良猫ロックシリーズですが、最初はなんとホリプロ製作の和田アキコ主演映画だったのですね。当然ながらアッコがガンガン歌うし、ホリプロ所属だったオックス、オリーヴ、モップスの鈴木ヒロミツやアンドレカンドレ時代の井上陽水まで歌っているので、音楽史的に貴重な映像かもしれません。
物語の舞台は、まだ副都心ビル群が建ち並ぶ前の西新宿。とある週末、スケバングループが対立し、その背後では右翼団体に名を借りた暴力団が暗躍する街に颯爽とバイクに跨った和田アキ子(勿論バイクシーンは吹き替え)が現れ、そしてまた風のように去っていくまでの丸2日間のお話です。悪の組織が単なるヤクザではなく三島由紀夫の楯の会もどきの右翼団体なのは当時の世相でしょうか。制服なんかをびしっと着ているのですが、やることがスケバン相手の抗争なのはちょっと情けない。情けないって言えば徹底的に情けないのが和田浩治で、青勇会に利用されるだけされた挙句に捨てられ、殺されます。最後はメイが青勇会の花田(睦五郎)を刺して恋人の仇を取りますが、メイもまた撃たれて相い果てます。
牧歌的な雰囲気を残す当時の新宿や今見るとオシャレなファッションや音楽が面白く思えるだけで、物語の構造自体は日活定番の西部劇風アクション物の域を出ません。芝居はともかく当時から迫力十分なアッコ、「女囚さそり」の頃とは違ってまだ女の弱さ儚さを残す梶芽衣子さん、今は亡き范文雀さん、真理アンヌの妹の久万里由香など、出演の女優さんの姿そのものが最大の見所です。後年の渋いオジサマのカケラなど微塵もなく、やたらゲラゲラ笑う軽い藤竜也にも注目。
norakekorock01.jpg
norakekorock02.jpg
norakekorock03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 梶芽衣子 日活
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR