御用金

1969年/フジテレビ・東京映画製作/東宝配給/五社英雄監督
出演/仲代達矢、中村錦之助、丹波哲郎、浅丘ルリ子、司葉子、夏八木勲、樋浦勉、西村晃、田中邦衛ほか
物語。天保2年、越前国鯖井藩の漁村から漁民全員が「神隠し」に遭い姿を消す。とは表向きで、実は、家老六郷帯刀(丹波哲郎)が藩の財政の立て直しのために幕府の御用船を襲って御用金を横領し、真相を知る漁民を虐殺して「神隠し」に見せかけたのだった。帯刀の妹婿の脇坂孫兵衛(仲代達矢)は、「神隠し」を阻止できなかったことを愧じ、妻(司葉子)と藩を捨てて出奔する。 3年後、江戸で浪人をしていた孫兵衛は、帯刀の側近・高力九内(夏八木勲)の放った刺客(西村晃)に襲われる。孫兵衛は帯刀が再び「神隠し」を行おうとしているのを知り、鯖井に向かう…

フジテレビが初めて製作した劇場用映画。4大スターが共演する「待ち伏せ」(1970年)と時々混同するのですが(錦之助とルリ子が被ってるし)、御用金を強奪しようとするのが「待ち伏せ」で、逆にこちらは御用金略奪を阻止しようとするお話しです。ちなみにここで言う御用金とは、佐渡金山で採れる金の延べ棒のこと。財政の逼迫した鯖井藩が再び「神隠し」、つまり御用金を奪った上で領民を口封じに皆殺ししようとしているのを知った孫兵衛が鯖井に戻り、家老六郷帯刀一派と対決すると言うのがあらましです。
仲代達矢と丹波哲郎の対決と言うと、武士道の矛盾を描いた「切腹」(1962年)を思い出します。尤もあの時の家老役は三國連太郎でしたけど、今回も家老の丹波リンは必ずしも悪役ではありません。藩の窮地を家老として救うため、「大の虫を生かすためには小の虫を殺さねばならない時もある」と言う理屈で領民を犠牲にしようとします。勿論この理屈自体は身勝手なものでしかありませんけども、ただそういう鯖井藩自体も、実は「大の虫」である幕府の前では所詮「小の虫」に過ぎません。従って藩へ忠義を尽くそうとする家老の丹波リンも、それに抵抗しようとしている仲代も、封建体制の歯車のひとつとなっているに過ぎないのではないかと言う諦念が物語の根底に流れています。言い換えると、スカッとした娯楽映画ではありません。尤もそれは仲代さんが主演の時点で明白ですけど。
仲代さんは同じ五社英雄監督の映画「人斬り」では、大義のためには手段を選ばない怜悧で非情な革命家・武知半平太を演じていました。今回は一見それと真逆の役のようですが中身は全く同じなんですね。仲代さんの持っている俳優としての資質、陰のパワーがそうさせたのでしょう。仲代さんほどスケールの大きな「暗さ」を体現した俳優はいない、と言う意味では稀有の存在ですが、ただスター映画が盛んな時代に仲代さんがピンで主演する映画が当たるかと言えば心もとない。そこで正真正銘の大スター、中村錦之助が助演しています。
錦之助は、金目当てに江戸から仲代さんの後を付けて来た浪人、実は幕府の隠密で、彼もまた封建体制の歯車である自分を最後は捨てて、仲代さんを助ける役回りです。ただこの役には最初、三船敏郎がキャスティングされていたそうです。しかし普段は紳士なのに飲むと酒癖が悪くなると言う三船さんがロケ先の宿屋で仲代さんと大喧嘩して途中降板。責任を感じた仲代さんが錦之助に代役を依頼したというもの。従って本来は三船さんをイメージして作られていた浪人役ですから、何かヘンなんですよね。錦之助の持っている明るさ、いい意味での軽さが、全体のトーンが重苦しいこの映画の中では浮きまくっていますし、本人も役作りには苦労したのではないかと思われます。
ルリ子の役は、「神隠し」にあった村の唯一の生き残りで、最初は純情無垢な10代の娘、後にあばずれの女賭博師となって現れるのですが、その演じわけが実に巧みです。失礼ながらこんなに上手な女優さんだったことを今更ながら再認識しました。夏八木勲さんは当時30ぐらいですが既に風格は十分、ただ顔の輪郭が後年よりややふっくらしている感じ。西村晃さんが居合い斬りの達人の役というのは珍しいです(尤も仲代さんにすぐ斬られちゃうのですが)。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 仲代達矢 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR