雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

パクられた!? その3

http://eiga.wikia.com/なるサイトが、私のサイトから画像をパクっている件について。
昨夜、実力行使に出ました。敵陣に乗り込んで、うちからパクった画像を全て削除したのです。と言っても画像fileそのものは削除できないようなので、画像を使っているページから削除しただけですけど。
なんと、80枚以上パクっていました。
ところが敵はすぐに、私が削除した画像を全て復元してしまった上に、私が再削除できないようにIPをブロックしてしまいました。
その上でこちらに呼びかけてきたのですが、私の拙い英語力で理解したところでは
「あんたがあの名鑑ページの所有者らしいが、でもあんたは大映の代表者じゃないんだろ?だったら、画像の利用は正当なのだ」と案の定、大上段から来ました。
そりゃ確かにそうなんですけどね。私が映画の著作権を持ってるはずがありませんから、映画の画像に私の権利を主張することはできません。ただし、画像fileそのものを作成したのは私ですし、名鑑は私の独創物です。大映のチョイ役俳優も含めた写真名鑑なんて、他の誰もやっていないから自分で作ったわけで、この人にしろ、私の名鑑を見るまでは大部屋俳優の顔なんて知らなかったはず。従って彼がパクったのは単なる画像じゃないんですよね。第一、この人は画像だけじゃなく、私のページそのものもパクっているんだから、何をか言わんや、です。私のホームページには私の著作権が存在するわけですから、この人が勝手に他人のコンテンツを盗んでいい権利はないんです。
でもそんな難しい議論をする英語力はないので、
「俺は手間隙かけて名鑑を自分で作ったんだ。あんたも映画ファンなら必要な画像は自分で作れよ」
と言う意味のことだけを精一杯の英語で反論しておきました。
いやはや、とんだ日米(?)親善です。
それはともかく、その後、現在のところ新たな画像パクりは見合わせているようですが、今までパクった分はそのままだし、ほとぼりが冷めればどうせまた我が物顔にパクりを再開するんでしょうから、折角作った名鑑をみすみすパクられてもこっちは泣き寝入りです。全く道義をわきまえない奴がいるもんで、えらい目に遭いました。

まあそれにしても、ネットの世界ではホント、いろんなことが起こるんだなあ…と言う実感です。
私も10年以上ネットやってて、その間にはいろんなトラブルに巻き込まれたこともありますが、まさか外国人を相手にするとは思いませんでした。
確かにネットはインターナショナルですから、いざという時の覚悟と、最低限の英語力、法律的知識ぐらいは持っているべきなんでしょうけど、でもそんなこと考えながらネットやってる人は、殆どいないですよねえ。。。
なんかもう、このブログをやってるのも煩わしくなって来ました。
スポンサーサイト


関連タグ:

FC2Ad