月曜ワイド劇場

2時間ドラマの最盛期である1980年代、テレビ朝日には「土曜ワイド劇場」のほかに「月曜ワイド劇場」(1982年~1986年)と言う枠もありました。
土曜ワイドとの違いは、主に女性目線で、家族問題や男女間の愛憎劇などを描いた作品が中心だったことです。
土曜ワイド同様、平日の「傑作ワイド劇場」枠でも再放送されていたので、私が見たのもその時が多いです。
記憶に残っている作品をいくつか書いてみます。

「終着駅はまだ遠い」(1982年5月24日放送)
定年退職した芦田伸介・藤間紫の老夫婦は退職金を元手に悠々自適の老後を計画していましたが、知人に金を騙しとられてしまい、子供たちの間を厄介者扱いされながら転々とする…と言う80年代版「東京物語」のようなお話。
最初は長男・横内正のところに行きますが、もともと嫁の水野久美とは折り合いが悪かったことに加えて、横内は仕事のトラブルから水野と夫婦喧嘩が絶えないし、更にその子供たちの教育問題も抱え、と火宅の状態。居たたまれなくなった2人は、藤間は長女・岩本多代の嫁ぎ先である農家へ、芦田は新婚の次女・中井貴恵のアパートへと、それぞれ別れて身を寄せることに。しかし藤間は先方の姑小姑たちに気を使う居候生活で心労を重ね、一方、芦田も、中井の夫・火野正平が妻の留守中に愛人を家に引っ張り込んでいる不実な男(こんな役ばっかり^^;)であることを知りますが、その事実を娘には言えずに懊悩。結局それぞれの家を飛び出して再会した2人は、心身を癒すための旅に出ますが、途中で藤間は急死。その通夜で、今まで冷たくしていたことを後悔した水野が芦田を引き取ろうと言い出しますが、芦田は、子供たちも様々に問題を抱えながら必死に生活しているのに親の自分が安逸な老後を夢見ていたことを反省し、どんな仕事でもして自力で生きて行くと決意します。
老人問題はいつの時代でも変わらぬテーマのひとつですが、介護などが重大問題になっている現在に比べると、まだのんびりした感じがします。

「悪女の手記」(1982年12月20日放送)
ホステスの太地喜和子が妻を亡くした資産家の老人・池部良と知り合い、心に寂しさを抱いていた2人は本気で恋に落ちます。しかし、池部の息子・風間杜夫は当然の如く太地が財産目当てだと思い込み、父親との仲を裂こうと画策。最初は金で解決しようとしますが、太地が受け取らないとわかるや、風間は自分も太地に恋をしたかのように見せかけて…と言うお話で、迷った挙句に太地は風間の方を選びます。そりゃ若い方がいいもんね…でも池部さんカワイソ。確か、別れを告げられた池部さんが無言で一筋涙を流すシーンがあったのをおぼえています。しかし太地もまた風間に捨てられ、怒った太地は風間に硫酸をぶっかける…と言う凄まじい展開になります。太地は満たされぬ男遍歴を重ねた挙句に、最後は遊びで一度だけ寝た若いボーイに刺されて死んでしまう、という結末でした。
舞台女優である太地喜和子さんは、80年代はテレビドラマにあんまり出なかったと思うのですが、かなりインパクトの強い役柄だったのを覚えています。

「血液型などこわくない」(1983年2月21日放送)
平幹二朗・大空真弓夫妻の一人娘の紺野美沙子は大の「お父さん子」で、婚約者がいるのにまだ父親にベタベタ。平幹も内心ではまんざらでもないのですが、いずれにしろ娘はもうすぐ嫁ぐわけだし、平幹も会社で重役に出世間近と言うことで、絵に描いたような幸せな家庭生活を送っていました。ところがある日、大空が事故で入院したことがきっかけで、血液型から紺野は平幹の子ではなく、大空の不倫で生まれた子であることが発覚…と言うお話です。ここまでは、現実によくある…かどうかは別として、ドラマとしては、ありがちな設定なのですが、その先が月曜ワイドの本領発揮。
紺野は、最初は当然ショックを受けるものの、やがて平幹を父親ではなくひとりの異性として想うようになり、対する平幹も、戸惑いながら徐々に紺野を娘ではなく女として意識するようになり…と禁断の関係が展開します。結局、平幹は妻と離婚し、会社も辞め紺野とともに姿を消します。そこで終わりかと思ったら、最後に「一年半後」のテロップが現れ、どこかの地方都市で生活しているらしい平幹・紺野が、赤ちゃんをベビーカーに乗せて「親子三人」で楽しそうに歩いている姿が。って、ホントに結婚したのかい!と言う、結構ショッキングな結末でした。
ちなみに、紺野の入浴中に平幹がうっかり浴室のドアを開けてしまうと言うシーンで、紺野の胸が一瞬チラリと映りましたが、想像以上?の貧乳に笑ってしまいました。

「はだしの未亡人」(1983年7月11日放送)
最愛の夫が病死し、小さな子供を抱えて未亡人になってしまった梶芽衣子。美人でまだ女盛りの彼女には、あの手この手と男どもの下心ある誘惑が迫って来るのですが、女としてのプライド、そして子供のために、それらをはねのけ自立した人間として毅然と生きて行く…と言うようなお話でした。
細かいストーリーはおぼえていないのですが、強烈な印象だったのは、死期の迫った夫(松橋登さんだったか?)の求めに応じて、梶さんが病院のベッドで最後の"夫婦の営み"を行うというシーン。病人とそんなことしたら死んじゃうじゃないか!と思うより以前に、あまりにも大胆な行為なので見てるこっちが冷汗かきました。
もうひとつはラストの方で、梶さんがパートで勤めている会社の社員か何かの江藤潤… この人は梶さんに「女としての魅力がない」とか言ってたナマイキな若僧なのですが、その江藤さんのアパートを訪れた梶さんが、"これでも魅力ない?"みたいなことを言いながら服を脱いで激しく迫って行き、江藤さんがたじたじ…と言うシーン。梶さんに迫られるなんて男冥利に尽きますが、現実にあの鋭い眼差しとクールな形相で大真面目に迫られて来たら萎縮してしまうかもしれません^^;
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 梶芽衣子
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR