銀蝶渡り鳥

ginchoop.jpg
1972年/東映/山口和彦監督
出演/梶芽衣子、渡瀬恒彦、梅宮辰夫、小山明子、南原宏治、丹羽又三郎、青柳三枝子、石井トミコ、由利徹ほか
物語。不良グループの女番長だったナミ(梶芽衣子)は、仲間の仕返しにやくざの矢島を殺して刑務所で服役。三年後、出所したナミはスカウトの隆次(渡瀬恒彦)の紹介で銀座のクラブのホステスとなって働き、稼いだ金を矢島の遺族に送る。暴力団の大和田(南原宏治)がクラブを乗っ取ろうと図っているのを知ったナミは、世話になったママ(小山明子)のために、大和田組と店を賭けてビリヤードの勝負を挑むが…

日活を退社した梶芽衣子さんの東映初主演作。
元女番長でムショ帰りのホステスの梶さんが、恩人の仇を討つため卑劣な暴力団を相手に立ち上がる任侠アクション映画で、タイトルの「銀蝶」とは言うまでもなく「銀座の夜の蝶」の略。
物語の山場は終盤にふたつあって、まずクラブの権利を巡って、暴力団とビリヤード勝負。暴力団側に雇われた凄腕のハスラーを演じるのは元大映の丹羽又三郎で、常に黒のサングラスをかけた表情を変えぬ冷静なキューさばきで梶さんを追い込で行きます。しかし、ここぞと言うところで麻薬中毒の発作が出てしまい、梶さんの逆転勝ち。この時の丹羽の、照明が下から当たり頬の筋肉をピクピクさせる怪奇的な表情は「仮面ライダー」のブラック将軍を髣髴させます。
しかし勝負に勝って安堵したのもつかの間、店の乗っ取りをあきらめない暴力団は約束を反古にした上、ママの愛人の梅宮辰夫を殺害。怒った梶さん着物姿でドスを引っさげ、梅宮の弟分の渡瀬恒彦と敵事務所に乗り込み南原宏治以下やくざどもをたたっ斬ります。最後は、逮捕された梶さんと渡瀬を乗せたパトカーが去っていくところでENDマーク。
冒頭が女子刑務所から始まり役名もナミだったりするので、一瞬、映画を「女囚さそり」と間違えたのかと思いました。女番長時代が「野良猫ロック」を連想させたり、着物姿で返り血を浴びる姿は「修羅雪姫」のようだったり、先にそれらの作品を知ってからと見ると何だかセルフパロディみたいな感じがしないでもないです。基本的には義理人情に厚い明るいキャラクターですが、ムショ帰りであることがバレてホステス仲間から嘲弄された梶さんがキレて、ナイフを手にする時は、そのまま「女囚さそり」に繋がりそうなテンション。クールビューティな梶芽衣子になる前の過渡期の作品です。
大島渚夫人の小山明子がこういう娯楽映画に出ているのは意外な感じもしますが、旦那の映画製作資金を稼いでいたのでしょうか。
クラブ歌手の役で五木ひろしが出演しています。台詞はなく、文字通り歌手として歌っているだけです。
gincho01.jpg
gincho02.jpg
gincho03.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 梶芽衣子 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR