秘録怪猫伝

kaibyodenop.jpg
1969年/大映/田中徳三監督
出演/本郷功次郎、亀井光代、小林直美、上野山功一、戸田皓久、戸浦六宏、毛利郁子、川崎あかねほか
物語。享保年間。佐賀鍋島藩主丹後守(上野山功一)は、竜造寺又七郎(戸田皓久)の妹・小夜(亀井光代)を見初め側室となるよう命じるが、又七郎は断る。その後、囲碁の相手に城内に呼び出された又七郎は丹後守と口論となり、手討ちにされてしまう。兄の死を悟り絶望した小夜は胸を突いて自害。その生き血を飼い猫のタマに飲ませて復讐を託す…

鍋島の化け猫騒動のお話。
もともと佐賀では竜造寺家が主君で鍋島の方が家臣だったのに、いろいろあって鍋島が乗っ取ってしまい、立場が逆転。したがって、落ちぶれても竜造寺には旧主家のプライドがあり、また鍋島にも本来は向うが主筋だった負い目があると言う、微妙な関係。これを念頭に置かないと、いくら殿様の方が理不尽とは言え、なんで又七郎は家臣の分際でああも態度がデカイのか理解できません。
もっとも、鍋島の化け猫騒動があった(とされる)のは江戸初期で、まだ主従関係が逆転して間もない頃。だからこそ微妙な関係でもおかしくはないのですが、この映画じゃずーっと後の享保年間の話になっています。第一、その頃はもう竜造寺家なんてなかったと思うのですが。
復讐を託されて魔性と化した怪猫は、城内でまず中老の沢の井(毛利郁子)、次に丹後守側室のお豊(小林直美)に乗り移り、共謀の家老・矢淵刑部(戸浦六宏)ら都合6人を惨殺します。事件と無関係な腰元まで犠牲になっているのは哀れな気もしますが、これは丹後守個人への復讐ではなく、鍋島家そのものに対する竜造寺家の積年の怨念の表れなのだからある意味仕方のないこと。しかし、丹後守殺害は小森半左衛門(本郷功次郎)に阻まれ、果たせぬまま討ち取られてしまいます。肝心の元凶・丹後守が生き延びた上お咎めもなしって言うのは、さすがにどうかと思いますが、かと言ってまさか史実にない鍋島家お取り潰しにするわけにもいかないでしょう。せめて丹後守は殺されるも表向きは急病死ってことぐらいにすればよかったのですが。
既に末期に差し掛かっていた大映なので、製作費を削られ演出面でもなかなか苦労していた様子です。化け猫物にはある種のファンジックな面白さもありますが、この映画の場合はとことん生々しく恐ろしい感じがするのは、実は美術にあまりお金が賭けられなかったからでしょう。いくら夜のシーンがい多いからって映像がやたら暗すぎるほど暗いのも、セットの乏しさを隠す手段だったのかもしれません。でもそれを逆手に取って、漆黒の闇が怨念の深さを表す上で最大限の効果を生んでいます。
kaibyoden01.jpg
kaibyoden02.jpg
kaibyoden03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR