地獄門

jigokumonop.jpg
1953年/大映/衣笠貞之助監督
出演/長谷川一夫、京マチ子、山形勲、田崎潤、千田是也、黒川弥太郎、毛利菊枝、南美江ほか
物語。平清盛(千田是也)の留守中、反清盛派が謀反を起こす。清盛派は上皇の妹・上西門院を救うため、袈裟(京マチ子)が身代わりとなって敵の目を欺く。その護衛をした遠藤盛遠(長谷川一夫)は袈裟の美しさに心を奪われる。乱は清盛側が勝利し、手柄を立てた盛遠は清盛から褒美に望みのものを与えると言われ、袈裟を妻に欲しいと申し出る。だが袈裟にはすでに渡辺渡(山形勲)と言う夫がいた。諦めらめ切れない盛遠は執拗に袈裟に言い寄るが… イーストマンカラーを採用した大映初の色彩映画。

タイトルと言い題材と言い、ベネチア映画祭グランプリに輝いた黒澤明監督の「羅生門」(50年)の二匹目の泥鰌を狙ったとしか思えない作品。実際、その狙いは見事に当ってカンヌ映画祭グランプリを獲得したのですが…。
お話は、言わば平安時代のストーカー。人妻の京マチ子に横恋慕した武士・長谷川一夫が「言うことを聞かぬとお前の亭主も親類縁者も皆殺ししてしまうぞ」と脅迫。長谷川のDQN振りでは、本当にやりかねかいと思った京マチ子は、夫・山形勲の身代わりになって長谷川に討たれます。京マチ子の心情を知った長谷川は悔悟し、出家する…と言う物語。
とにかく長谷川一夫のストーカー振りが凄まじい。ほぼ全編、長谷川先生がただしつこく言いよる話で占められています。珍しく長谷川先生が悪役で、後年悪役で鳴らした山形勲が善良な夫役と言うのは一見役が逆のようですが、恋に狂うのが自他共に認める天下の二枚目・長谷川一夫なればこそ、それを振り払っても夫への貞節を貫こうとする京マチ子の姿に説得力が生まれます。
ただ、はっきり言って映画そのものは退屈。額面通り、人妻に付きまとう大馬鹿者、誘惑にも負けず貞節をつくした妻、お人好しで無力な夫、の物語と言う以上に深い意味があるようには見えないからです。強いて言えば、渡辺渡が安逸に慣れ切って没落する貴族階級を、欲しい物を力づくで手に入れようとする盛遠が新興武士勢力のあり方の象徴しているのでしょうか。でもそんなことが評価されてカンヌのグランプリを得たとは思えませんし、単にオリエンタリズムとかエキゾチズムが当時の欧米人に物珍しがられて受けただけでしょう。現在において見るべきものは、”動く平安絵巻”としての美術的価値ぐらいです。
なお、原作は菊池寛の「袈裟の良人」ですが、今までてっきり、芥川龍之介の「袈裟と盛遠」の方だとばかり思っていました。ちなみに菊池寛は初代大映社長です。
jigokumon02.jpg
jigokumon01.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 長谷川一夫 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR