殺しの烙印

1967年/日活/鈴木清順監督
出演/宍戸錠、南原宏治、真理アンヌ、玉川伊佐男、小川万理子、南廣ほか
物語。殺し屋ランキングNo.3の花田(宍戸錠)は、ある組織の幹部・大類(南原宏治)を護送する任務を果たしNo.2の座を手に入れる。しかし謎の女・美沙子(真理アンヌ)から依頼された外人の狙撃に失敗した花田は、他の殺し屋たちから狙われることになる。彼らの挑戦をなんとかかわした花田の前に、正体不明の伝説の殺し屋No.1が現れる…

鈴木清順監督が”わけのわからない映画で会社の信用を失墜させた”として、日活を追放されるきっかけとなった作品。でも別に内容が観念的だとか難解だとか言うわけじゃありません。仕事に失敗した殺し屋が組織から命を狙われるアクション映画です。
プロの殺し屋がランキングを競っているとか、主人公のNo.3の男が「米の飯の炊ける匂い」が好きな殺し屋と言う設定が面白いし、死ぬことが夢だと言う真理アンヌとの雨の中での邂逅も印象的。序盤のクールで退廃的な世界は、何となく初期のルパン三世に似ています。と思ったら脚本の1人、大和屋竺はルパンシリーズの傑作「魔術師と呼ばれた男」を書いた人です。
ライターの広告看板の間から発射するとか、水道管の下から射撃するとか、仕事の後でアドバルーンに乗って逃走するなどの殺しのテクニックもアイディアにとんでいて楽しいです。でもこの監督には、そういう部分を膨らませてストーリー的な面白さを追求しようとなどと言う気は毛頭ないのでしょう。花田が仕事をミスったあたりから話がおかしくなって、以降は序盤のハードボイルドな雰囲気が一変。ストーリーよりイメージを優先したお遊びの数々だけが目立って行きます。このあたりが清順作品を好きになれるかどうかの分かれ目なんでしょうが、別に計算された効果を狙ったわけではなく、とにかく思い付きを片っ端から並べたような具合です。中盤は真理アンヌのミステリアスな美貌とナイスボディだけが救いです。
そして終盤は漸く現れたNo.1の殺し屋、実は序盤で花田が護衛した大類との、コントのような絡み合いが延々続きます。普通に喋っていてもデフォルメされた劇画のようになってしまう怪優の南原宏治じゃなかったら、馬鹿馬鹿しくて見るに耐えないところですから、俳優さんの力って本当に大きいね。最後は、花田と大類が後楽園ホールで一騎打ち。ここでは再び序盤のハードボイルドな雰囲気を取り戻し、大類を倒した花田が「No.1は俺だ!」と叫びながら彼もまた倒れEND。このラストシーンには殺しのニヒリズムが満ちていますが、それまでにおふざけが過ぎたので何もかもが台無しに。やっぱりこれは見る人を選ぶ作品ですね。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 日活
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR