獣の剣

1965年/俳優座製作/松竹配給/五社英雄監督
出演/平幹二郎、加藤剛、岩下志麻、田中邦衛、菅貫太郎、木村俊恵、加藤武、東野英治郎、天知茂ほか
物語。遠州掛川の下級藩士平木弦之助(平幹二郎)は藩政改革のため城代家老(松本克平)を斬ったが、頼みとしていた次席家老(天知茂)に裏切られ、城代の娘(木村俊恵)とその許婚(菅貫太郎)らに仇として追われる。追っ手に襲われたところを馬子の丹次(田中邦衛)に匿われた弦之助は、山奥の川で砂金が取れると聞き、逃げる金を求めて山へ入るが、そこにはさる藩の密命で砂金を掘る山根十郎太(加藤剛)と妻のたか(岩下志麻)がいた…

フジテレビの社員監督だった五社英雄の劇場用映画2作目。1作目は五社が手がけたテレビドラマ「三匹の侍」の映画化だったので、オリジナル作品としてはこれが最初ですが、「三匹」レギュラーの平幹二郎、加藤剛がともに出演し、なおかつ”対決”しているあたりは、明らかに「三匹の侍」の延長線上に作られたものと思われます。
内容は、権力者に利用される下級武士の悲哀を描いたもので、出世をエサに藩のため危険な砂金採掘にあたっていた加藤も仕事が終わると口封じのため消されてしまいます。
テーマが非常に明確だし、話の作りはシンプルでわかりやすく、なおかつチャンバラのシーンもふんだんに盛り込まれて楽しめる娯楽時代劇です。ただ「獣の剣」などと言う大仰なタイトルの割りに、平幹はニヒルに徹するわけではなく加藤・岩下夫婦に同情を寄せる甘い男だし、上級武士階級である木村俊恵と菅貫太郎が下級武士の末路を見て翻心するのも、ちょっと妙。また、お目当て?の平幹と加藤剛の「三匹」対決は、立ち合いがちょっとだけあっただけで、直接戦うわけではなかったのは、残念と言えば残念です。
ちなみに「特別出演」の天知茂は、平幹をそそのかして城代家老を暗殺する次席家老役。回想場面で 2シーンのみ登場ながら、自分は手を汚さず出世し、しかも劇中で彼だけは殺されない(加藤剛を利用した東野英治郎は平幹に斬られる)天知先生の非情な大悪人振りは、やたら印象的でした。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 天知茂 松竹
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR