将軍 SHOGUN

shogunop.jpg
1980年/アメリカNBC製作/ジェリー・ロンドン監督
出演/リチャード・チェンバレン、三船敏郎、島田陽子、フランキー堺、目黒祐樹、高松英郎、宮口精二、金子信雄ほか
物語。17世紀初頭。英国人航海士ブラックソーン(リチャード・チェンバレン)の乗ったオランダ商船が日本に漂着。ブラックソーンは五大老の1人、吉井虎長(三船敏郎)に取り立てられ、「アンジン(按針)さん」と呼ばれる。ヨーロッパとは異なる文化、習慣、社会制度に戸惑うアンジンを支えるのは、虎長の家臣文太郎(高松英郎)の妻で通訳のまり子(島田陽子)だった。やがてアンジンは虎長とライバル石堂和成(金子信雄)との天下取りの争いに巻き込まれていく。 …全米に日本ブームを巻き起こした人気ドラマを劇場用に編集した短縮版。

1970年末、世界第二位の経済大国にのし上った日本に対するアメリカの関心が高まり、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(1979年)のような日本論がベストセラーになりました。そんな時代を背景に、日本を舞台に製作されアメリカで人気を呼んだテレビドラマが「将軍 SHOGUN」です。
これは大ヒットした「ルーツ」とか「ホロコースト」と同じようなテレビシリーズと言う感じだったと思います。いずれも日本ではテレビ朝日で放送され、「将軍 SHOGUN」は1981年3月30日-4月6日に8夜連続で放送。本放送時にも勿論見ていますが、今回は短縮版で再見しました。

内容は豊臣政権末期をモデルにした架空の設定で、三浦按針がモデルの英国人の目を通して「日本」を描いたもの。徳川家康に相当する武将を演じた三船敏郎を始めとする日本人俳優も多数出演し、中でもヒロインを演じた島田陽子が注目を浴びて一躍「国際女優」に成りおせました。
それまで外国の映画やドラマの中に日本が登場する時、中国とごっちゃになったような風俗やいい加減な時代考証、支離滅裂な内容が多かったのですが、このドラマは架空の設定とは言え史実も踏まえて、比較的まともに作られていました。
「比較的」と言うのは、やはり日本人には眉を顰めるような描写もあったからです。例えば漂着したオランダ商船の船員が「釜茹で」にされるとか、侍にお辞儀をしなかった領民がいきなり首をはねられるとか…いくら戦国時代とは言え外国のドラマで野蛮人として描かれるのはいい気持ちはしないです。或いは「矢部(やぶ)」「坐滝(ざたき)」のように妙竹林な名前や、ヒロインが「戸田まり子」って現代人みたいな名前なのも違和感あります。やっぱり、通訳の女性と言ったら「戸田」なんですかね^^;
中でも、一番見ていて辟易したのは、アンジンさんとまり子の混浴シーンです。温泉ならまだしも、列記とした武家の人妻に混浴の習慣はねーだろ!と。しかも、この後でまり子はアンジンと不倫の関係にまでなっちゃうんですから、もういい加減にしろと言う感じでした。

ちなみに、アメリカで放送されたときは、日本人俳優の台詞に吹き替えも字幕も一切つかなかったそうです。つまりアメリカの視聴者には日本人が何を言っているのか全くわからなかったわけで、唯一、通訳のまり子こと島田陽子が喋る拙い英語だけを頼りにドラマを見ていたのです。したがって、全米の視聴者がまさに「アンジンさん」状態。アメリカ人そのものが戦国日本にトリップしたような感覚で、必死に「日本」を理解しようと努力していたことになります。
日本人が見ていてもわかりにくい話の展開を、アメリカ人がどう理解したのか気になります。本放送時に全編を見た時も、例えばヒロインの島田陽子が何で死んでしまうのか私にはよくわからなかったし、フランキー堺扮する侍が笑いながら切腹するのも理解できませんでした。尤も、従順で男に尽くす大和撫子とか、ハラキリとか、欧米人が喜びそうなステレオタイプな日本のイメージを盛り込んだあたりはむしろアメリカの視聴者に受け入れ易かったかもしれませんけどね。
「外国のドラマ」として見た場合には、日本の歴史時代劇ではあまり描かれない外国人同士の対立関係、イエズス会対新教徒の宗教・貿易対立が織り込まれていたのが結構興味深かった点でした。
いずれにしろアメリカで本格的な日本ドラマが製作されヒットしたのはこれが初めてだったことを思えば、歴史的な意味のある作品かもしれません。
shogun01.jpg
shogun02.jpg
shogun03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR