幕末太陽傳

1957年/日活/川島雄三監督
出演/フランキー堺、石原裕次郎、南田洋子、左幸子、芦川いづみ、二谷英明、小林旭、岡田真澄、山岡久乃ほか
物語。幕末の江戸品川。遊郭で散々豪遊した佐平次(フランキー堺)は実は一文無し。居残りと称して働くうちに、持ち前の知恵と図々しさで様々なトラブルを解決して重宝がられる。やがて長州の高杉晋作(石原裕次郎)ら攘夷派の計画にも一役買い…

昭和29年(1954年)に映画製作を再開した日活の3周年記念作品。タイトルに「太陽」とあるのは、太陽族映画の時代劇版と言う感じだったのかもしれません。でも裕次郎ら日活スターは脇役でフランキー堺が主役だし、中身も落語から題材を採ったコメディ映画です。それでも裕ちゃんがお目当ての日活ファンは納得して映画館に通ったのかしら。
正体不明の調子の良い男が自分のためにうまく立ち回るだけではなく、結局回りもハッピーにしてしまうところは、後年の植木等の無責任男を連想させます。ただ、裏も表もなく底抜けに明るい無責任男と違って、佐平次は胸を病んでいるので時折死を意識した暗い陰が垣間見えます。しかし運命に負けまいとする反骨心が逆に彼の生きるパワーになっています。最後も「俺はまだまだ生きるんでえ!」と捨て台詞を吐いて走り去って行く姿でエンドマークです。
尤も、うら寂しい海沿いの道をひとり遠ざかっていく侘しい後姿には、バイタリティより諦念の方が勝っているように見えてしまいました。監督が当初考えていたと言うラストシーン(スタジオをぶち抜けて現代の町を走り抜けて行く)のままだったら、また随分と印象が違ったんでしょうけどね。
それにしても当時殆ど時代劇を作っていなかった日活がこの映画のためだけにわざわざ品川宿のセットを組んだのはすごいのですが、俳優さんはみんな若い上に時代劇の扮装が見慣れないので、誰が誰やら識別がつき難いです。裕次郎や二谷英明、岡田真澄でさえ髷姿がそれなりに様になっていましたが、小林旭はかなり滑稽です。後の大映のヘタレ色男成田純一郎(当時は加藤博司)が、この頃からヘタレな色男だったのは笑えました。気になったのは、日活の記念映画なのに長門裕之は何故か出ていないんですね。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 日活
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR