斬る

1968年/東宝/岡本喜八監督
出演/仲代達矢、高橋悦史、中村敦夫、岸田森、神山繁、東野英治郎、星由里子、田村奈巳、中丸忠雄ほか
物語。武士を捨てた無宿者の弥源太(仲代達矢)と百姓が嫌で武士になりたい半次郎(高橋悦史)が上州の荒れ果てた宿場で偶然出会う。そこへ藩政改革のため決起した哲太郎(中村敦夫)ら7人の若侍が現れ、藩の城代家老の籠を襲撃する。だがそれは若侍を騙してそそのかし、藩の乗っ取りを企む次席家老鮎沢(神山繁)の陰謀だった。鮎沢は砦に隠れた若侍たちを討ち取ろうと荒尾十郎太(岸田森)を隊長とする浪人隊を差し向ける。弥源太は若侍側に付き、半次郎は浪人隊に加わるが…

同じタイトルで市川雷蔵主演の映画(1962年)もありますが、全く関連はありません。むしろ「椿三十郎」に似た風情のある娯楽時代劇です(ちなみに「椿三十郎」もこれも、原作は山本周五郎)。ただ「三十郎」が、主人公の超人的な活躍で騒動を1人で片付けてしまうのに対して、こちらのほうは登場人物が多いし、話も結構複雑。
普通、これだけ多くの個性的な登場人物がいて人間関係が絡み合っていたら、そのうちのどれかは手薄になってしまったり、話の収拾がつかなくなったりしそうなものですが、全てきちんと描き切っているのはさすが。局面がどう変わるかなかなか読めない展開なので目を離せず、楽しめます。
仲代の脱力系のとぼけた芝居や、バイタリティ溢れる高橋悦史もいいのですが、一番格好いいのは、一見ニヒルでも実は純粋一途な浪人隊長を演じた岸田森。
男の俳優さんに比べると女優さんは出てくる人数も少ないのですが、あんまり個性がなかったですね。特に星由里子は勝気な美人と言う役柄は現代劇と同じなのに、日本髷のヅラが似合わないのか地味でした。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 仲代達矢 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR