おんな牢秘図

1970年/大映/国原俊明監督
出演/田村正和、北島マヤ、笠原玲子、桜井浩子、荒砂ゆき、花柳幻舟、小林直美、加藤和夫、近藤宏ほか
物語。女囚ばかりが流刑されている孤島に新入りのお清(北島マヤ)とお仙(桜井浩子)、そして長崎奉行所から左遷されて来た諌早三郎太(田村正和)がやってくる。牢名主(荒砂ゆき)や島役人(近藤宏)による壮絶なリンチが行われる裏では、奉行所与力(加藤和夫)が女衒(伊達三郎)と結託して女囚を異国へ売り飛ばしていた。ある日、島にペストが発生し……

大映末期のエログロ作品。女囚物と言うことで女優さんたちがたくさん出てきますが、当然ながら名のある女優さんは 1人もいない上に、誰が主役なんだかもさっぱりわかりません。本来ならお清役の北島マヤ(「ガラスの仮面」とは関係ない)あたりが主人公にならないといけないんでしょうが、結局は女囚のひとりの扱い。田村正和も、アウトローと見せかけて実は不正を暴きに来た密偵か何かなのと思ったら、最後までほんとにただのアウトローのままでした。田村か女囚か、どっちかに焦点を絞るべきところを絞り切れずに、結果的に群像劇になってしまったという感じです。
女囚たちが裸に引ん剥かれて縛られたり、蒸し風呂に閉じ込められたり、熱湯をぶっかけられそうになったり、或いは役人を誘惑したり、売り物のエログロシーンは案外中途半端でさほどのインパクトはありません。
田村正和がこんなB級映画に出ていたのも意外でしたが、それより往年の怪獣ファンとしてちょっと悲しい気持ちにさせられたのは、「ウルトラマン」のフジ隊員・桜井浩子や「ガメラ対ギャオス」の清楚なお姉さん役だった笠原玲子の汚れ役姿。ちなみに荒砂ゆきも「ウルトラQ」「ウルトラマン」にゲスト出演歴があります。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR