雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

乳母車

1956年/日活/田坂具隆監督
出演/芦川いづみ、石原裕次郎、新珠三千代、宇野重吉、山根寿子、青山恭二、中原早苗、織田政雄ほか
物語。裕福な家庭の娘、桑原ゆみ子(芦川いづみ)は父親(宇野重吉)に若い愛人(新珠三千代)と赤ん坊までいると知る。愛人に会って話したゆみ子は、彼女が聡明な女性であることに理解を示し、明るく屈託ない弟の宗雄(石原裕次郎)にも好感を持ったが、ゆみ子の母親(山根寿子)は家を出てしまい、罪悪感を抱いた愛人も父親と別れてしまう。赤ん坊の将来を心配したゆみ子と宗雄は…石坂洋次郎原作の映画化。

ドロドロした愛憎劇になってもよさそうな題材なのに、登場人物はみな感情に走ることありません。母親が家を出たのも愛人が父親と別れたのも、女として自立した生き方をするためです。妻と愛人に去られしまった父親も、自ら招いたその運命を淡々と受け入れます。ただ1人、自ら選択して行動を取れない赤ん坊の幸福は大人が責任を持って道筋を立ててやらねばならないのですが、結論が出ません。結局、問題を将来に先送りして若い世代に委ねるみたいな、曖昧な結末で物語は終わっています。
戦後の新しい時代を生きる人間はかくあるべしと言う理想を語っているのでしょうが、まるで実験室で純粋培養された人間のドラマみたいな温いお話です。
見る前は裕次郎の映画と言う認識だったのですが、実際の主役は芦川いづみで、大人たちの騒動に巻き込まれた少女の成長物語と言う側面もあります。
裕次郎はブルドックおじさんだった晩年は勿論、若い頃も何処に魅力があるのかわかりませんでしたが、この映画を見ると、気のいいお兄ちゃん的な身近に感じる親しみやすさが人気の秘密の一端になっていたことは理解できました。
ちなみにこの映画の愛人が住んでいるのは世田谷奥沢の一軒家で、庭付き女中付き。マンションとかじゃないところに時代を感じます。
スポンサーサイト


関連タグ: 日活

FC2Ad