東海道お化け道中

tokaidoobakeop.jpg
1969年/大映/安田公義+黒田義之監督
出演/本郷功次郎、戸浦六宏、上野山功一、保積ペペ、左卜全、伊達岳志(伊達三郎)、五味龍太郎ほか
物語。やくざの勘蔵(山路義人)が、殺生をするとたたりがあるという「鬼塚」の前で仁兵衛(玉置一恵)を殺害。口封じのため塚守の甚兵衛(左卜全)も斬る。孫娘の美代(古城門昌美)は、甚兵衛の遺言で父親の藤六を訪ねて旅に出るが、大事な書付が美代の手に渡ったと思い込んだ勘蔵一家は美代を捜す。道中で美代は偶然仁兵衛の子分の百太郎(本郷功次郎)に助けられ…

妖怪三部作の最終作。これはガメラの併映で見たと思うんですが、怖かったと言うこと以外あんまり記憶がありません。あと戸浦六宏さんの顔にインパクトがあったのは覚えているんですが(オイ)。なので初見も同然で再見しましたが、前二作と違い、フツーの時代劇の中に要所要所で妖怪も出るぐらいの話だったんですね。子供が「瞼の父」を捜すのがメインストーリーで、悪人どもが禁断の地でタブーを侵した因果応報で妖怪たちに懲らしめられるのが偶々主人公側に利するだけで直接の絡みはあまりありません。
戸浦さんは仁兵衛親分を裏切って勘蔵側に加担した小悪党、実は美代が求めていた「瞼の父」その人だったことが終盤わかります(まあ見てりゃ薄々わかるのですが)。それまで自分を追い回していた、顔もコワイおじちゃんが、父とわかってすぐに懐く美代の心理がイマイチ飲み込めませんが、改心した戸浦さんが見せる弱気と優しさと情けなさの入り混じった複雑な表情が良いです。やはりただ顔のコワイだけの役者さんじゃない。妖怪物としても時代劇としても中途半端で余り出来がよいとは言えませんが、戸浦さんの名演技で味わい作品になりました。と言うか、一応主役なのに子供と戸浦さんに食われた本郷さんの存在感薄過ぎ。
tokaidoobake01.jpg
tokaidoobake02.jpg
tokaidoobake03.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR