新忍びの者

1963年/大映/森一生監督
出演/市川雷蔵、若尾文子、東野英治郎、北原義郎、三島雅夫、細川ちか子、伊達三郎、杉田康、成田純一郎ほか
物語。処刑寸前で服部半蔵(伊達三郎)に救出された石川五右衛門(市川雷蔵)は、改めて秀吉への復讐を誓う。側室の茶々(若尾文子)が秀頼を生んだことで狂喜した秀吉(東野英治郎)は朝鮮出兵に乗り出す。豊臣家の根絶やしを狙う五右衛門は、秀吉と関白秀次(成田純一郎)の離反を画策する・・・シリーズ3作目。

「続忍びの者」の続編。
前作は秀吉暗殺に失敗した五右衛門が釜茹での刑にされる直前で終わっていましたので、本作は冒頭で服部半蔵が五右衛門を救出するシーンから始まっています。
五右衛門は生き残りの仲間・名張の犬八(杉田康)と組んで、まず京の街を荒らして秀吉の注意をひこうとしますが、秀吉は全くの無関心。ならばと、秀頼誘拐を決行するも、失敗。そこで秀頼の誕生により立場が不安定になった秀次や北の政所(細川ちか子)にあることないこと吹き込み、結果として秀次を死に至らしめることに成功します。これは五右衛門の主観的には豊臣家絶滅への第一歩なんですが、ただ秀吉や石田三成(北原義郎)にとっては既定の事態であって、別に痛くも痒くもないんですけどね。
やがて病に倒れた秀吉の枕元に五右衛門が忍び込みますが、朦朧となった秀吉は、五右衛門を家康(三島雅夫)と間違えてクドクドと秀頼の行く末を頼む有様。こんなジジイ、殺すだけの価値もないと思った五右衛門はそのまま立ち去り、秀吉は病死。天下は事実上家康のものとなり、五右衛門は徳川家への仕官を勧める半蔵の誘いを蹴り、いずこともなく去っていきます。
結局のところ、五右衛門の行動が何か役に立っているように見えなかったし、そもそも豊臣家根絶やしを力説していたわりに、肝心の秀頼はそのままです。史実を曲げるわけに行かないんですけど、支配者と被支配者の対立を描いていた前2作と違って単に歴史を追うだけに移ってしまったので、五右衛門の活躍する余地も少なくなってしまいました。
五右衛門の雷蔵、秀吉の東野英治郎、半蔵の伊達三郎は前作と同じキャスティングですが、家康役は永井智雄から三島雅夫にチェンジ。怜悧なインテリっぽかった永井智雄と違って、三島雅夫はタヌキ親父の面が強くなっています。
淀君役の若尾文子は出番も台詞も少なかったのですが、要所要所でクールな美しさが画面を引き締めてくれました。小ずるい悪役の多い杉田康は、いつ裏切るかと思ったら最後まで五右衛門の味方でした。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR