聖獣学園

1974年/東映/鈴木則文監督
出演/多岐川裕美、山内えみこ、渡辺やよい、三原葉子、森秋子、衣麻遼子、渡辺文雄、たこ八郎、谷隼人ほか
物語。修道尼だった母親の死因を突き止めるため多岐川魔矢(多岐川裕美)は修道院に入る。そこで魔矢は戒律に縛られた修道院の裏側で行われている異常な実態を目にする…

これは学生時代にレンタルビデオで見たのが最初。多岐川裕美のデビューお宝ヌード作品と言うことで、かなり期待^^;していたのに、案外つまらなくてがっかりした記憶があります。友達と一緒だったので冷静に見ちゃったせいかもしれませんけどね。それ以来の再見なのですっかり忘れていましたが、、、いやはや、思ってた以上にとんでもない映画でした。
レズ、オナニー、レイプ、リンチ、殺人、etc・・・男子禁制の神聖な信教の園で数々の痴態と暴力が繰り広げられます。中でも極めつけは、妊娠が発覚した修道尼(渡辺やよい)がキリスト像の銅板の上に放尿を強制させられるシーン。 B級映画とは言えよくキリスト教関係者から抗議が来ないもんだと思います。
それはいいとしても、ちょっと引いてしまったのは、渡辺文雄扮する麻原ショーコーみたいな長髪・髯モジャの司祭。彼こそ魔矢の母親を孕ませ死に追いやった張本人であり現在も修道尼をレイプしている諸悪の元凶で、渡辺さん、大真面目な顔して「遠くへ行きたい」や「くいしん坊万才」の裏ではこんな役もやっていたことを子供の頃は露も知らなかったのですが、その司祭のキャラクターは長崎での被爆経験がトラウマになっていて背中一面にもケロイドの痕かなんかがあるエゲツない設定になっています。いくらなんでもこれはやりすぎだろうと思うのですが、70年代のB級エログロ映画ってホント何でもありだったんですね。
お目当ての多岐川裕美は冒頭から谷隼人とのベッドシーンがあるなどばんばん脱ぎまくっていますが、やはり最大の見所は、棘だらけのツタで緊縛されてバラの花でシバかれるリンチシーン。デビュー作でこんだけハードなヌードを披露しておいて以後一切脱ぎ役なしと言うのも極端な経歴ではあります。
ほかにも修道尼がわんさか出ていて脱いでいますが、三原葉子以外は誰だか知らない女優さんばっかり。アバズレ上がりの石田松子役が、よく見ると江戸川乱歩の美女シリーズで「湖底の美女」にモデル役で出ていた山内絵美子だったことだけはわかりました。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR