男はつらいよ 知床慕情

1987年/松竹/山田洋次監督
出演/渥美清、三船敏郎、倍賞千恵子、竹下景子、淡路恵子、すまけい、下條正巳、三崎千恵子、前田吟、太宰久雄、笠智衆ほか
物語。柴又に帰った寅次郎(渥美清)は入院したおいちゃん(下條正巳)に代わって働こうとするが務まらず、再び旅に出る。知床で獣医上野順吉(三船敏郎)と知り合った寅は彼の家に居候。順吉はスナックのママ悦子(淡路恵子)に惚れていたが、無骨な彼は自分の気持ちを表現できないでいた。そこへ順吉の娘りん子(竹下景子)が離婚して戻ってくる・・・シリーズ38作目。

寅さんと世界のミフネ、異色のコラボ(BGMで森繁の「知床旅情」も)。
映画そのものはあんまり面白くありませんでした。三船と淡路の恋、寅さんと竹下の恋、そして寅さんと三船の関係、どれも描き込み不足で薄っぺらい。特に寅さんと竹下の関係がすごく唐突で、いつものように寅さんがマドンナに惚れて振られるのではなく、逆に寅さんはその気がなさそうだったのに、竹下に惚れられているとわかるや逃げ出してしまいます。2人の心理がよく掴めないし、そもそも三船と淡路の関係に対比させる上で刺身のツマ程度の扱いしかありません。はっきり言ってこの部分は要らなかったんですけど、でも入れなきゃこの映画が「男はつらいよ」である意味がなくなっちゃうから、しょうがないんですけどね。実質的な主役は三船さんです。
頑固、無骨、口下手。長年培ったパブリックイメージは崩さずに、恋に悩む老獣医を演じさせたのは慧眼、北の大地に叩きつけるような三船さんの恋の告白シーンは感動的です。晩年の代表作になりました。難を言えば舞台が知床に偏重してしまったことで、ないものねだりすれば最後に上京した三船さんがとらやの店先にいるような珍妙シーンも見てみたかったです。
淡路恵子はこれがヨロキンと離婚後の復帰作だったそうですが、デビューの「野良犬」(1949年)も三船さんとの共演作でした。そういやあ竹下景子も以前は三船プロ所属でしたね。家を飛び出した竹下が三船と和解すると言うのは現実をなぞっているのかも。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 渥美清 三船敏郎 松竹
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR