刑事コロンボ 攻撃命令

1977年/米ユニヴァーサル/1978年1月4日NHK放送
物語。心理学者のメイスン(ニコル・ウイリアムソン/声・平田昭彦)は亡き妻の愛人だったチャーリー(ジョエル・ファビアーニ/声・寺島幹夫)の殺害を計画、訓練した飼い犬に電話で命令を下しチャーリーを襲撃させる。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)は惨劇を聞いたはずのチャーリーの電話の相手が警察に通報してこないことに疑惑を持つ…シリーズ44作目。

これは終盤シリーズの特徴である、事件そのものは大したことないのに話の雰囲気だけで押し通していく傾向が最も顕著な作品。犯人が映画マニアであることは事件の本質ではないし(襲撃のキーワードがどうしても「バラのつぼみ」である必要はない訳だし)、ゲストハウスに下宿する謎の女子学生は本筋と全然関係ない。謎解きシーンでビリヤードのポケットに仕込んでおいた証拠を取り出すコロンボの芝居がかった態度もキザったらしくて嫌だし、最後に犯人が刑事であるコロンボを殺そうとするのも意味が無さ杉ます。
殺人計画は遠隔地から電話で犬に攻撃命令を与えて襲撃させると言う一見巧妙なもので、何しろアリバイが完璧なんですからこれ以上のものはありません。その反面、自分自身が現場にいないのが致命的な欠陥になります。例えば犬が被害者を確実に殺害できるとも限らないんですから、もし生きていたらどうするつもりだったのか。あるいは事後の証拠の始末をきちんとできないのもマイナスですね。現に、受話器を元に戻しておかなかったためコロンボに疑いを持たれてしまいました。ほかにも心電図を取られながら計画を実行していたり、犬を訓練した痕跡を残しっ放しにしていたり、コロンボの言うように頭のいい犯人にしちゃ杜撰で無頓着過ぎました。
メイスンの声を当てている平田昭彦さんは言うまでもなく東宝特撮映画の代表的スター。平田さんの吹き替えってほかでは全然聞いたことがないので、非常に珍しいです。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR