暗黒街の対決

1960年/東宝/岡本喜八監督
出演/三船敏郎、鶴田浩二、司葉子、河津清三郎、平田昭彦、田崎潤、中丸忠雄、佐藤允、中谷一郎、夏木陽介、天本英世、ミッキー・カーチスほか
物語。新興の大岡組(組長・河津清三郎)と古手の小塚組(組長・田崎潤)が争っている地方都市に左遷されて来た札付きの汚職刑事・藤丘(三船敏郎)。組し易しと見た大岡は早速藤丘を抱き込む。だが藤丘は大岡組に加担すると見せる一方、大岡に妻を殺され復讐を誓う元小塚組幹部の村山(鶴田浩二)にも近づく。やがて小塚組が大岡組に全滅させられ村山も狙われるが、その時村山を救ったのは藤丘だった。藤丘の行動を怪しんだ大岡は弁護士の天堂(平田昭彦)を通じて密かにその身元を調査すると…

東京から左遷された悪徳刑事、実は暴力団対策のエキスパートが活躍する和製ギャング映画。現代版「用心棒」と言う評判ですが、そんなに似ていないと思います。「用心棒」と違って片方のヤクザは早々に壊滅してしまうし、そのために三船が特に何をするってわけでもない。同じ原作者(大藪春彦)の「野獣の青春」(日活、鈴木清順監督)の方がよっぽど骨格は「用心棒」に近いですね。
ストーリー自体もはっきり言って大して面白くない。むしろ、トレンチコートをびしっと着こなした三船さんのダンディな男振りとか、常にステッキを振り回している平田昭彦さんのキザでクールな悪党振り、黒ずくめの殺し屋で普段はキャバレーの男性コーラスで歌っている天本英世さんの怪演、あるいは西部劇調の軽快な演出なんかを楽しむ映画でしょう。
鶴田さんは和製ギャングばかりの中でひとり古風な任侠やくざで、三船さんと奇妙な友情を結ぶ役どころ。一応三船さんに次ぐ準主役なんですが、何となく影が薄いと言うか浮いていると言うのか、この映画のリズムには合っていない感じがしました。鶴さんの持ち味ってのは基本的に女々しい奴が精一杯強がっている男の哀感なんで、こういう東宝の明朗アクションには異質じゃないかしら。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR