姿三四郎

1943年/東宝/黒澤明監督
出演/藤田進、大河内傳次郎、月形龍之介、轟夕紀子、志村喬、花井蘭子、青山杉作、小杉義男、高堂国典ほか
物語。明治15年、柔術家を志して上京した姿三四郎(藤田進)は門馬三郎(小杉義男)の門を叩くが、門馬が闇討ちした修道館柔道の矢野正五郎(大河内傳次郎)の強さと人柄に感銘して矢野の弟子となる。やがて修道館の四天王と言われる柔道家に成長した三四郎に、柔術家の実力第一と言われる檜垣源之助(月形龍之介)が挑戦してくる…富田常雄の小説の映画化。

黒澤明の監督第1作。
内容は、青年・姿三四郎の成長物語で、矢野正五郎(嘉納治五郎がモデル)が体系化した新興の修道館柔道を敵視する柔術家たちが次々と三四郎に挑戦。その度に精神的な壁にぶつかり苦悩しながら、それを乗り越え、柔道家としても人間としても成長していく姿を描く、スポ根ドラマの原点のようなお話。
後年「世界のクロサワ」と言われた巨匠のデビュー作にしては少し地味で平凡な印象もしますが、原作小説付きと言う制約や戦時下と言う事情からすれば、まだ本領発揮と言うわけには行かなかったのでしょう。それでも随所に黒澤らしさは見られます。
入門した三四郎が強くなって行く過程を直接描かず、その時間経過を三四郎が脱ぎ捨てた下駄で表現しています。慢心した三四郎が蓮の花を見て「何か」を悟る有名なエピソードは、それが何なのかを説明しないまま以後蓮の花のイメージで三四郎の心の境地を象徴します。
三四郎が小夜(轟夕紀子)と初めて知り合う場面や、その小夜が対戦相手の村井半助(志村喬←デビュー作から既に登場)の娘と知って動揺する場面の細やかな演出も秀逸です。
試合のシーンでは、投げ飛ばされて空中を飛んでいく誇張された表現が後年の「柔道一直線」を連想させます。おそらく本格的な柔道映画が初めてで、技のダイナミズムをどのように描写すればいいのかと考えた末の工夫だったのでしょうが、今から見るとちょっとコミカルに感じてしまうのは仕方のないところ。
ラストの宿敵・檜垣源之助との決闘シーンは、草原に横殴りの風が吹きつけ、恐ろしい勢いで雲が流れていく、まさに「風雲急を告げる」状況下での戦い。天候と自然にも「演技」させることで殺気と緊迫感を一目瞭然に表現するあたりは、やっぱり黒澤だなあと思わせます。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 黒澤明 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR