日本のいちばん長い日

1967年/東宝/岡本喜八監督
出演/三船敏郎、笠智衆、山村聰、中丸忠雄、黒沢年男、佐藤允、久保明、高橋悦史、島田正吾、藤田進、田崎潤、志村喬、加藤武、宮口精二、加東大介、小林桂樹、加山雄三、松本幸四郎、仲代達矢(ナレーター)ほか

日本が終戦に至る、昭和20年8月14日正午から15日正午までの24時間を描いたドキュメント映画で、2時間37分の大作。
これは子供の頃テレビで見ました。多分殆どノーカットだったと思いますが。今はこういうの、やりませんね。
前半はポツダム宣言をめぐり受諾やむなしとする鈴木貫太郎総理(笠智衆)、米内海軍大臣(山村聰)と陸軍の意を体し徹底抗戦を唱える阿南陸軍大臣(三船敏郎)ら閣僚の間で喧々諤々の激論が交わされ、最後は御前会議で昭和天皇(先代の松本幸四郎、後姿と声のみ)の「聖断」で終戦が決まるまで。後半は、それを不服とする椎崎中佐(中丸忠雄)、畑中少佐(黒沢年男)、古賀少佐(佐藤允)ら若手陸軍将校がクーデターに決起、そして鎮圧され玉音放送に至るまで。
台詞のある女優さんは鈴木首相邸の女中役の新珠三千代しかいません。男性オールスター総出演ですが、大半は軍人役ですから、丸刈りにすると他の映画に支障がありそうな俳優さん、例えば「若大将」の加山さんは放送局の職員役でほんのチョイ出演。尤も、どっちみち加山さんじゃ血気にはやる軍人役は似合いそうもありませんけどね。終始目ん玉をひん剥いたままで、完全にイッちゃってる叛乱軍の首謀者・黒沢年男さんの演技なんかは殆どホラーです。
胸が痛むのは、そうした政治動乱の局外で、終戦が決まったのを知らずに特攻出撃する無名の若いパイロットたちとそれを送り出す人々の姿。誰一人戻ってこない飛行場を見つめて基地司令(伊藤雄之助)が無言で流す涙が印象的です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎 仲代達矢 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR